最近なんか冷たいね…彼女をションボリさせてしまうデート9パターン


たとえ「お金がない」などの理由があったとしても、彼女に「手抜きデート」だと思われたら、二人の関係が冷え切ってしまうかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見をもとに「『最近、なんか冷たいなぁ…』と彼女をションボリさせてしまうデート」をご紹介いたします。

  • 【1】彼の家で映画を観るなど、インドアが中心のデートプラン

    「出かけたり、お金をかけたりするのがイヤなんでしょ」(20代女性)というように、自宅デートばかりだと、女の子は「都合のいい女」にされている気がするようです。せめてデートの集合場所を最寄り駅のカフェにするなど、外で過ごす時間を少しでもつくれば「体が目的」と誤解されずにすむでしょう。

  • 【2】「どこでもいいよ」とデートの行き先を彼女にゆだねるプラン

    「投げやりな感じが嫌!」(20代女性)というように、「どこでもいい」という言葉に、彼氏のデート意欲の低さを感じてガッカリしたという女の子も。ノープランのときは、「一緒に決めよう」と、二人で仲よく行き先を相談してはいかがでしょうか。

  • 【3】忙しいわけでもないのに、デートの解散時間が早いプラン

    「デートがつまんないんでしょ?」(30代女性)というように、デートの終了時刻が夕方だったりすると、「一緒にいたくない」と彼女に誤解されてしまうかも。「やり残した仕事がある」「朝が早い」など、解散時間が早い理由を一言添えたいところです。

  • 【4】二人きりではなく、友人を含めて遊びに行くプラン

    「ほかに誰かいないと間が持たないのかなと不安になる」(20代女性)というように、友達も含めて遊びたがるのは、デートが退屈なせいだと心配になる女性も。ただし、バーベキューやボウリングなど、明らかに大勢のほうが楽しいイベントなら理解を得られるかもしれません。

  • 【5】ショッピングモールなど、毎回同じ場所にぶらぶら行くプラン

    「いろいろあって便利は便利だけどさぁ…」(20代女性)というように、たとえ魅力的な場所でも、そこに頼りすぎると彼女に手抜きプランだと見なされるようです。同じ場所に連続で行く前に、彼女のリクエストにも耳を傾けましょう。

  • 【6】男性の好みの映画を一緒に観に行くだけの映画鑑賞プラン

    「鑑賞中に話さなくてすむし、楽なんでしょ」(30代女性)というように、映画を観るだけの会話がないデートは、男性のしたいことに付き合わされているだけの気分になってしまうという女の子も。鑑賞前に作品に興味があるか聞き、無いなら一人で観に行ったほうがよさそうです。

  • 【7】ゲームセンターやギャンブル場で過ごすプラン

    「デートは『ついで』ですよね?」(20代女性)というように、女の子はデートよりもゲームやギャンブルがしたいのだろうと感じてガッカリするようです。彼女が同じ趣味を持っていない限りは、二人で楽しめる遊びを提案したほうがいいでしょう。

  • 【8】遊びに行く街にあるおいしいお店の下調べを一切しない食事軽視プラン

    「適当なファストフードでうんざり」(20代女性)というように、女の子にとっては、デート中のお店選びは大切なようです。事前に人気店を予約できればベターですが、そうでなくても、インターネットで女性が好きそうなランチの店くらいは下調べしたいところです。

  • 【9】とりあえず集合してから行き先を決める行き当たりばったりプラン

    「ちょっと頼りない感じがする」(20代女性)というように、彼氏の出たとこ勝負の無計画さが気になっている女の子も。特に、旅行などで知らない街に行くときには、入念な下調べをして、頼りになるところをアピールしたいところです。

デートプランが思いつかないときは、素直に彼女の声に耳を傾けて要望を受け入れる努力をしたほうが愛情を感じてもらえそうです。もちろん、デート前の下調べも忘れずに。もしも、彼女をガッカリさせてしまったときは、付き合い始めたころと変わらない想いをアピールし安心させてあげましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock