社交辞令じゃなく本気!とわかってもらえる連絡先の聞き方9パターン


合コンで知り合った女性に連絡先を聞いたものの、「どうせ社交辞令でしょ」と勘違いされてしまうケースは意外とあります。相手に「この人、本気だ!」と思ってもらう方法とは? 今回は10代から30代の独身女性208名に聞いたアンケートを参考に、「合コン中、『これは社交辞令じゃなくて本気っぽい!』と女性が期待する連絡先の聞き方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】二次会への移動中など、二人きりになる瞬間を作ってこっそり聞く

    「他の人に知られずこっそり、は本気っぽい」(20代女性)など、二人きりになって話せるタイミングを見計らって聞くと、女性は本気を感じるようです。友達の前で連絡先を教えることに抵抗がある女性も多いので、手堅い方法でしょう。

  • 【2】メールアドレスだけでなく、携帯番号も聞いてその場で1コールする

    「強引にグイグイ来そうな感じがする」(20代女性)など、携帯番号を聞いて1コールすることで、「電話もするよ!」という勢いを感じさせるようです。自分の連絡先を自然に伝えることもできるので、一石二鳥の方法といえそうです。

  • 【3】「いつ頃なら電話しやすい?」と連絡がとれる時間帯も聞く

    「本当に連絡をくれそうだし、気遣いもあっていい」(20代女性)など、連絡のとりやすい時間帯をセットで聞くことで、さりげなく本気さを伝えられるようです。後日、その時間帯に電話をすれば、ちゃんと出てもらえる可能性は高そうです。

  • 【4】女性が連絡先を教えてくれた後、「やった! 必ず連絡するね」と念を押す

    「喜ぶところがかわいい」(20代女性)など、連絡先を教えてもらえた後のリアクションを大げさにすることで、本気度が伝わりやすいようです。「必ず連絡するね」という約束をきちんと守ることで、信用できる男性とも思ってもらえそうです。

  • 【5】番号交換に慣れていないため、赤外線やアプリの使い方に戸惑いながら聞く

    「チャラくはなさそう」(20代女性)など、連絡先の交換に不慣れだと、「まじめな男性」という印象を与えられるようです。ただし、手打ちで交換するのは時間がかかるので、QRコードや連絡先交換アプリの使い方を最低限おさらいしておくのもよいかもしれません。

  • 【6】女性から名刺を渡されたら、「プライベートの連絡先は?」と携帯番号を聞く

    「スマートかつ強引で『やるな』と思う」(20代女性)など、ビジネス風に名刺交換をするような合コンでも、プライベートに一歩踏み込むことで、本気と思ってもらえるようです。なお、仕事用の名刺を交換することが「逆に本気っぽい」(20代女性)という意見も。

  • 【7】「今度の休みにランチでも行こうよ」など、具体的なプランを提案しながら聞く

    「会話が盛り上がっていれば教えやすい」(20代女性)など、デートを提案しながら連絡先を聞くことで、「本当に連絡が来そう」と思われるようです。そのためにも、合コン中にしっかり会話を盛り上げることを心がけたいものです。

  • 【8】全員で連絡先を交換する流れになったとき、目当ての女性に一番に聞きに行く

    「わざわざ最初に来るのは本気度高そう」(20代女性)など、本命の女性の前に一番に立つことで、本気さをアピールできるようです。その際、「一番聞きたいのが君だったんだ」などのセリフを加えるとよさそうです。

  • 【9】解散時の別れ際に「ずっと連絡先聞きたいと思ってたんだ」と言ってから聞く

    「爽やかな感じがする」(20代女性)など、別れ際に「合コン中もずっと聞きたかった」と伝えることで、シャイだけれど誠実な男性という印象を与えられそうです。ただし、最後に二人きりで話せる状況を確保できないなら、早めに聞いたほうがよいでしょう。

連絡先の聞き方やタイミングによって、女性に与える印象は違うようです。合コン後にスムーズに親しくなっていくためにも、連絡先を聞く段階から好印象をゲットしておきたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間期間:2013年7月21日(日)から7月28日(日)まで
対象:合計208名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock