汗だくでデートの待ち合わせ場所に着いてしまったときの言い訳9パターン


真夏のデートで困るのが大量の発汗。特に慌てたわけでもないのに、待ち合わせ場所に着く頃には汗だくで、みっともない思いをしたことはありませんか? 汗は仕方ないとして、せめて気の利いたひと言を添えれば、彼女に笑い飛ばしてもらえるのでは? 10代から30代の独身男性101名に聞いたアンケート結果を元に面白い言い訳をご紹介します。

  • 【1】「少しでも早く会いたくて走ってきちゃった」とロマンチックに持っていく

    「お互い目が合ってから、わざとらしくダッシュするのがポイント」(20代男性)というように、走ってきたフリをするパターンです。彼女が真剣に捉えてしまうと笑いになりませんので、肩で息をする、腕で汗をぬぐうなど、大げさな動きも加えるとよいでしょう。

  • 【2】「ピンポイントで俺のところだけゲリラ豪雨だった」とボケる

    「え、ここはずっと晴れてたの?と驚くふりもする」(20代男性)というように、自分だけゲリラ豪雨に見舞われたとボケるパターンです。「なんで荷物は濡れてないの?(笑)」と彼女が突っ込める余地を用意しておくとより場が和むかもしれません。

  • 【3】「メシ食う前にひと汗かいてきたんだ」とあえて感を出す

    「食事デートの前だと効果的です」(20代男性)というように、ご飯を食べる前の運動だと主張するパターンです。ややぽっちゃり体型の人が使ったり、食べ放題コースを予定している際に使うと、より彼女から笑いをとれるかもしれません。

  • 【4】「軽そうに見えてこのバッグは20kgあるんだ」と無駄に鍛えている感を出す

    「すごく軽いバッグをパントマイムで重たく見せる」(20代男性)というように、重い荷物で体を鍛えていると見せかけるパターンです。荷物がなく手ぶらの場合は、スマホや靴が重いという設定にしてしまうのも良いかもしれません。

  • 【5】「よし、ハンデつけてきてやったぞ、スタート!」と子どもっぽく突然かけっこを挑む

    「実際に見失ってしまうくらい、走り去るのもいいですね」(30代男性)というように、実はジョギングデートだったと伝えるパターンです。彼女がハイヒールやスカートなど明らかに走りにくそうな格好の時ほどボケが活きるひと言かもしれません。

  • 【6】「君に会えるかと思うと緊張して超汗かいちゃった」と歯の浮くセリフを吐く

    「手のひらに人と書いて呑み込むフリをするとか、両手をグッと握りしめて手汗を見せるとか」(20代男性)というように、緊張しているフリをするパターンです。何度もデートを繰り返した安定期のカップルほど、わざとらしくてウケるかもしれません。

  • 【7】「あれほど言ってたのにママが起こしてくれなかったの!」とダメキャラを演じる

    「ハイリスクですが初デートで使いたいひと言です」(20代男性)というように、マザコンキャラを演じるパターンです。ネタが若干高度ですので、冗談を真に受けてしまうような真面目な女性の場合は、小芝居風にするなどしてわざとらしくすると良いでしょう。

  • 【8】「さっきのデートが押しちゃって慌てて来たよ」とモテているフリをする

    「明らかにモテないキャラがやると効果的」(30代男性)というように、モテている体裁を装うパターンです。ただし、冗談だとしても口説きたい相手に誤解を与える可能性があるので、ジョークが通じる相手かよく吟味して利用しましょう。

  • 【9】「フェロモンを出してよりいい男になりたいと思って」とバカを披露する

    「どう、匂わない?と両腕を上げる」(20代男性)というように、フェロモンを出すために汗をかいたことにするパターンです。「なので今日は風上に立たせて」などと重ねるとより彼女からのウケが狙えるかもしれません。

明らかに冗談だとわかるよう、身ぶり手ぶりや小道具を使うのが、ウケるためのポイントと言えるでしょう。また彼女の笑いの傾向や、好きな芸人をリサーチしておくと、より確度の高いウケが狙えるかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで
対象:合計101名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock