初デートで胸キュンさせる!ちょっと強引な手のつなぎ方9パターン


初デートで女性と手をつなぐタイミングは、デート慣れしている男性でも案外悩むところ。空気を読むことも大切ですが、多少強引なくらいの方が男らしさのアピールにつながるようです。そこで今回は10代から30代の独身女性335名に聞いたアンケートを参考に、「初デートで女性がグッとくる、ちょっと強引な『手のつなぎ方』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】人ごみのなかを歩くとき、「はぐれないで」と手を握って先導する

    「ちょっと強引に引っ張られる感じが好き」(20代女性)など、混んだ街中でやや強引に手を引かれたいと思っている女性は多いようです。実際に手を引いて歩くことで、男性が主導権を握って「デートをリードしてくれた」と思ってもらえる効果もありそうです。

  • 【2】後ろから来る車や自転車から守るように、「危ないよ」と手を引き寄せる

    「男らしくってカッコいい!」(20代女性)という意見のように、彼女を危険から守ろうと手を引き寄せることで、頼り甲斐のある男性という印象を与えられるようです。狭い歩道で、彼女が車道側を歩いているときなどがチャンスでしょう。

  • 【3】目の前の信号が変わりかけのとき、「行くよ!」と手を握って一緒に走る

    「わざとらしくなくて自然だと思う」(20代女性)という意見のように、「急いで信号を渡る」というシチュエーションでさりげなく手を握られたい女性もいるようです。横断歩道を渡りきった後も、握った手を離さずに歩き続けるとよさそうです。

  • 【4】ハイヒールの女性がつまずいたときに、サッと手を握って支える

    「よく転ぶので支えてほしい」(20代女性)など、歩きづらいハイヒールを履いている女性は、段差のない場所でもつまずくことがあります。サッと体を支えてから「気をつけて」と手を握れば、素敵なエスコートができる男性と思ってもらえそうです。

  • 【5】「ん」と手を差し出し、そのまま無言で掴んだ手を離さない

    「かわいいうえにカッコいい!」(10代女性)という意見のように、あえて無言で手をつなごうとする男性に対して、不器用な男らしさを感じる女性は多いようです。緊張していることを顔に出さず、堂々とした態度で手を差し出すとよさそうです。

  • 【6】混雑した電車やエレベーターの中など、密着する場所でぎゅっと手を握る

    「他人に見られない位置でぎゅっとしてほしい」(20代女性)など、満員の電車内のような狭い空間で、密かに手を握られるシチュエーションに憧れる女性もいるようです。無言でも手から緊張が伝わって、ドキドキする気持ちを共有できそうです。

  • 【7】歩くペースが違う女性に手を差し出して、「手、つなごう!」と笑顔で言う

    「スマートに気を使ってくれた感じがいい」(20代女性)という意見のように、ペースを合わせて歩くために手を握ることで、感激してくれる女性もいるようです。恥ずかしがらずに笑顔で手を差し出すことで、さわやかな男らしさも印象付けられそうです。

  • 【8】食事のお店選びで悩んでいるとき、「ここで決まり!」と引っ張っていく

    「ハッキリ決めてくれると素敵だと思う」(20代女性)など、デート中の食事の店選びは、女性に決断力をアピールできるタイミング。グズグズ悩まずにパッと手を引いて入店すれば、「自分のことを引っ張ってくれる男性」と思ってもらえそうです。

  • 【9】長い階段を上がる途中、さっと手を差し出して「もう少しだよ」と言う

    「体力のある男性の力強さを感じる」(20代女性)など、階段を上って疲れてきたときに手を差し出すと、思わず握り返したくなるという女性も。レディーファースト的な気遣いをしつつ、同時に肉体的なタフさをアピールする効果も期待できそうです。

理想のシチュエーションは人によって様々ですが、男性に少し強引に手を握られたいと思っている女性は少なくないようです。ただし、女性が嫌がった場合は「まだ早かった」と素直に手を放して、もうしばらくデートを重ねてみる方がよいでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計335名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock