「この人がダンナだったらいいのに!」と同僚男性の好感度が急上昇する瞬間9パターン


職場結婚はよく聞きますが、あなたの近くにもその可能性が転がっているかもしれません。そこで今回は10代から30代の独身女性327名に行ったアンケートから、「『この人がダンナだったらいいのに!』と同僚男性の好感度が急上昇する瞬間」を紹介します。

  • 【1】トラブルが起きたとき、自分が悪くなくても謝ることができるとき

    「家庭でもちゃんと謝ってくれそう」(30代女性)のように、きちんと謝れる男性に優しさを感じる女性は多いようです。逆に、意固地になって自分の非を認めない男性は、女性に幻滅されがちなので、まずは素直に「自分が悪い」と認めるように心がけてはいかがでしょうか。

  • 【2】同僚が連れてきた子どもの相手が上手だったとき

    「子育てに協力的な感じ」(20代女性)など、いつか子どもがほしいと考えている女性にとって、子ども好きの男性は好感度が高いようです。小さい子が苦手なら、「お名前は?」「いくつ?」と聞くだけでも、仲良くしようと努力している姿勢を感じてもらえるかもしれません。

  • 【3】言いたいことをみなまで言わなくても、察知してくれるとき

    「自分のことをわかってくれる人だと思う」(20代女性)と、特に話下手な女性はあれこれ説明しなくても、気持ちを理解してくれる人に惹かれる傾向があるようです。普段から女性の話をきちんと聞いておけば、いざというとき女性が何を考えているのか分かるかもしれません。

  • 【4】コーヒーカップをきちんと片づけてくれるとき

    「ご飯の後片付けもきっとやってくれる」(20代女性)のように、水回りのことを積極的に手伝うと、女性はあなたの家庭的な一面を見た気になり、評価したくなるようです。お茶くみも女性任せにせず、積極的に引き受ける姿勢を見せると、一目置かれるでしょう。

  • 【5】部下がミスしたとき、感情的にならず諭すように叱っているとき

    「子どももうまく叱ってくれそう」(30代女性)など、部下の指導が上手だと、子どもの教育も頼りになると考えるようです。部下が間違いを起こしても、ヒステリックに怒ることなく、相手の気持ちを考えながら優しい口調で話すよう心がけてはいかがでしょうか。

  • 【6】ほかの人の意見をきちんと聞いた上で、判断を下しているとき

    「奥さんの意見もちゃんと受け入れてくれるのでは?」(20代女性)と、人の言う事を聞ける男性は家でも亭主関白にならず、家族の話を聞いて行動してくれると女性は考えるようです。後輩や部下の意見も頭から否定することなく聞く耳を持つと、ますます女性の信頼を得られそうです。

  • 【7】机の上に余計なものがなく、いつもキレイにしているのに気づいたとき

    「家の中も片付けてくれそう」(20代女性)のように、きちんと整理整頓できる男性は、キレイ好きな女性に評判がよいようです。ただし、几帳面過ぎるのは考えもの。「これはここにおかないとダメ!」と意見を人に押し付けると、逆に好感度を下げてしまうでしょう。

  • 【8】どんなに疲れていてもそれを顔に出さないでがんばっているとき

    「ストレスで家族にあたったりしないと思う」(20代女性)など、仕事が大変でも変わらない様子に、家庭でもつねに冷静でいてくれるのではと期待するようです。大きく深呼吸するなど、自分なりのストレス解消法を探してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】分からないことを、こちらの立場に立って教えてくれたとき

    「人をバカにしない人がいい」(30代女性)のように、思いやりを持ってサポートしてくれる男性を「よき夫」になってくれそうだと感じるようです。自分が分かるからといい加減に対応せず、相手の話をよく聞く男性こそ、女性には魅力的に映るのではないでしょうか。

女性はふとした瞬間に、男性に夫としての魅力を感じているようです。仕事をする場所だからと気を抜かず、近くに眠っているチャンスを見逃さないようにしたいものです。(佐藤来未/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計327名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock