彼女が夏休みの帰省時に「彼の声が聞きたい!」と思わず電話したくなる瞬間9パターン


夏休みで彼女が実家に帰省中…さみしいのに、強がって「電話くれよ」と言えない男性も多いのではないでしょうか。では、女性はどんなときに彼氏のことを恋しく思うのでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者の意見を参考に「彼女が夏休みの帰省時に『彼の声が聞きたい!』と思わず電話したくなる瞬間」を紹介します。

  • 【1】女友達が結婚していたのを知ったとき

    「結婚してかわいい子供までいて…うらやましかった!」(20代女性)のように、結婚した友達に触発されて電話をかけたくなる女性も。彼女から友人の結婚話が出たら、「僕たちも来年ぐらいに…」と結婚話を具体的に進めてみるのもいいかもしれません。

  • 【2】同窓会などで元彼に会って「やっぱり今彼が最高!」と再認識したとき

    「元彼との思い出は美化されてただけでした」(20代女性)のように、改めて今彼の方が大切だと気づく女性もいるようです。同窓会で元彼に会った話を聞いても嫉妬せず、「楽しめてよかったね」と大人の余裕を見せれば、彼女も一層惚れ直してくれるでしょう。

  • 【3】「さみしいよー」など、素直に甘えてくるメールが届いたとき

    「普段は男らしいタイプなだけに嬉しかった」(20代女性)など、直球で「さみしいよー」と訴えかけられると、グッとくる女性が多いようです。彼女が電話をくれたら、面と向かって言うのは恥ずかしいような感謝の気持ちも、素直に伝えるといいでしょう。

  • 【4】彼がツイッターでさみしがっているようなつぶやきをしていたとき

    「『一人でDVD観賞なう。なんか物足りないー』ってつぶやいててキュンとした」(20代女性)など、母性本能をくすぐるツイートも効果的のようです。ただし多くの人が目にするツイッターで「さみしい」と直接的につぶやくと、女々しいとも思われかねないので注意が必要です。

  • 【5】友達と遊んでいる様子など、彼の顔写真が送られてきたとき

    「彼の写メを見たらちょっとジェラシー!」(20代女性)のように、あえて「彼女がいなくても楽しめてる僕」的な写真を送ることで、彼女が電話をかけてきてくれることも。ですが女友達も一緒の写真などは、彼女を単純に怒らせる可能性もあるので気をつけましょう。

  • 【6】都会と違って娯楽がなく、夜ヒマなとき

    「夜はテレビを観るしかやることがないです」(30代女性)という場合に、彼氏の声を聞きたくなる女性も多いようです。同じテレビ番組を観ながら電話をし、さも隣にいるかのような安心感を与えてあげると、彼女からの好感度も上がるでしょう。

  • 【7】両親にそれとなく結婚の予定を聞かれたとき

    「両親になんて答えればいいかわからなくて」(20代女性)というように、親のプレッシャーを受けて彼女が電話をかけてくるのは、結婚について真剣に考え始めている証拠でもあります。そんなときは「貯金が○万円まで貯まったら」などと結婚のめどを伝え、彼女を安心させてあげましょう。

  • 【8】地元の絶景スポットを久しぶりに訪れて彼に教えてあげたいと思ったとき

    「数年ぶりに見た地元の観光地の景色があまりにきれいで」(30代女性)というように、好きな人と感動を共有したくなる女性も。自分の地元の絶景スポットも教えてあげれば、お互いのルーツを知ることができ、絆がさらに深まりそうです。

  • 【9】ショッピング中「彼へのお土産は何がいいかな」と悩んでいる自分に気づいたとき

    「彼が一番喜ぶ物を買いたい」(20代女性)と考え、お土産選びの最中に電話をしたくなる女性も。お酒好きな彼女なら美味しい地酒、甘いもの好きなら地元限定スイーツなどをお願いしておけば、彼女が戻って来た日に二人で味わいながら帰省話を聞け、恋人同士のほっこり時間の演出に一役買いそうです。

マンネリ気味のカップルには遠く離れた場所にいることが程よい刺激となることもあるでしょう。帰省中の彼女から電話がかかってきたときには、二人の仲がより深まるような会話を楽しめるといいですね。(昌谷大介/A4studio)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計199名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock