彼女と海外旅行!ケンカを防ぐための心得9パターン


長期休暇のシーズンに合わせ、彼女と海外旅行に出かける人もいるはず。しかし、海外の非日常的な環境では、些細なことがきっかけでケンカに発展することも多いようです。そこで今回は10代から30代の独身女性335名に聞いたアンケートを参考に、「彼女との海外旅行で、ケンカを防ぐために肝に銘じておきたいこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】移動するときは、女性の「トイレ事情」にこまめに気を配る

    「付き合いが浅いと恥ずかしくて言い出せないこともある」(20代女性)など、こまめにトイレ休憩をとってほしい女性は多いようです。紙がない、水が流れないなど日本と違ってトイレ事情の良くない国が多いので、ホテルや空港など良いトイレがありそうな場所では、「トイレ大丈夫?」と聞くとよいでしょう。

  • 【2】「旅行にアクシデントは付きもの」と考え、些細なことでイライラしない

    「相手のイライラが伝染する」(20代女性)という意見のように、海外に居るという緊張感から、男性も些細なことで不機嫌になりがちなようです。イライラを彼女に伝染させないためにも、普段以上にゆったりと構えて、落ち着きを失わないようにすべきでしょう。

  • 【3】現地の人とのコミュニケーションが必要なときは、率先して会話する

    「英語が苦手だからってオドオドされるとイヤ」(20代女性)など、現地の人との会話を避けてばかりいると、頼り甲斐のない男性と思われるようです。たとえ彼女が英語に堪能だったとしても、自分から積極的にコミュニケーションする姿勢は忘れたくないものです。

  • 【4】行き当たりばったりで困らないよう、現地の下調べをキチンとする

    「旅行先でもちゃんとリードしてほしい」(20代女性)など、現地で道に迷ったり、レストラン選びを失敗したりすると、お互いにイライラが溜まってしまいがちです。事前にできる限りの下調べをして、トラブルを未然に防ぐことも男性の務めと心得ましょう。

  • 【5】彼女の体力やコンディションを基準にして、行動するペースを合わせる

    「自分勝手にどんどん行動されると付いていけない」(20代女性)という意見のように、海外旅行は想像以上に体力を使うもの。彼女が疲れてしまったら無理に行動するのはやめ、一緒にホテルで休憩するなど、二人でのんびり過ごすことを優先しましょう。

  • 【6】女性がショッピングに夢中になってもグチをこぼさない

    「急かさずゆっくり買い物させて!」(20代女性)など、女性にとってショッピングは海外旅行中の大きな楽しみのひとつ。時間の長さに不満を漏らすと、ケンカになる可能性が高いようです。一緒にお土産を探すなど、楽しみを共有したほうが有意義でしょう。

  • 【7】彼女の「行きたい場所」や「やりたいこと」を尊重する

    「スケジュールを勝手に決めないで、私の意見も聞いてほしい」(20代女性)など、せっかく二人で旅行するなら、お互いが満足するプランを考えたいもの。自分が行きたいところばかりを優先せず、計画段階から彼女の意見をしっかり聞いておきましょう。

  • 【8】「暑い」「疲れた」などの不満を口にせず、にこやかな雰囲気を保つ

    「グチが多いと険悪なムードになってくる」(20代女性)など、思わぬ苦労も多い海外旅行ですが、不満ばかり口にしていると雰囲気が悪くなります。しんどいのは彼女も一緒と考えて、「楽しい」や「嬉しい」といったポジティブな気持ちを表現しましょう。

  • 【9】多少の失敗があっても、「自分がリードする」という姿勢を崩さない

    「失敗があっても堂々と引っ張ってくれれば大丈夫」(20代女性)という意見のように、慣れぬ異国に旅行すれば、多少のトラブルはあって当然。動揺してパニックなったりせずに堂々と彼女をリードすれば、失敗談も貴重な思い出になるはずです。

言葉も習慣も違う海外では、普段以上にお互いを気遣うことが求められます。苦労を乗り越えて楽しく旅行することができれば、二人の信頼関係はますます固く結ばれるはずです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計335名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock