旅行中、「なんか頼もしい!」と彼氏にキュンとした瞬間9パターン


お互いの人間性が垣間見える恋人との旅行は、ガッカリされる危険と同時に、新たな魅力をアピールできるチャンスの場でもあります。では、女性は旅行中、彼氏のどんな行動に注目しているのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性336名に聞いたアンケートを参考に「旅行中、『なんか頼もしい!』と彼氏にキュンとした瞬間」をご紹介します。

  • 【1】初めての土地なのに、行き先を知っているかのようにリードしてくれた

    「方向音痴なので、すごく安心する」(20代女性)など、旅行先ではまず彼女に不安を感じさせないことが重要なようです。出かける前にきちんと行き先の地図を確認するほか、駅周辺の土地構成なども頭に入れておくといいでしょう。

  • 【2】足元を気にしてくれるなど、意外な気遣いを見せてくれた

    「ずっと地図とにらめっこだったりすると残念」(30代女性)など、他のことで頭がいっぱいになりやすい旅先ほど、ちょっとした気遣いが彼女の心に響くようです。あれこれ準備して重くなった荷物を持ってあげることも、高ポイントにつながりやすいでしょう。

  • 【3】人見知りせず地元の人に行き先について自然にたずねていた

    「聞けばすぐに解決することだしね」(20代女性)など、行き先がわからないときは、サラッと人にたずねたほうがスマートに見えるようです。逆に自力で解決しようと意地になると、彼女に器の小さい男だと思われてしまう恐れがありそうです。

  • 【4】ギチギチしすぎない快適な行動プランを練ってきてくれた

    「旅がスムーズに進むと気分がいいです」(20代女性)など、きちんと下調べをしてリードすると彼女に喜ばれやすいようです。ただし、予定に縛られてその場の気分や現地での発見を無視してしまうと、彼女に旅を楽しめない人だと思われてしまうかもしれません。

  • 【5】アクシデントにオロオロする自分を冷静になだめてくれた

    「ピンチのときほどどっしりとしていてほしい」(10代女性)など、旅先の心細さに飲まれない男性は評価が高いようです。アクシデントの際は、問い合わせなどの手続きを率先してこなしたうえで、彼女を安心させる言葉をかけてあげたいものです。

  • 【6】海外で外国人にオドオドすることなく話しかけていた

    「自分がビビったぶん、彼氏が輝いて見えた」(20代女性)など、言葉や文化の壁がある海外でも「いつもの自分」でいることは頼もしさにつながるようです。外国語に自信がなくても、なんとかコミュニケーションをとろうとする心意気が大切なのかもしれません。

  • 【7】予定になかったショッピングなど、自分のわがままにも優しく対応してくれた

    「余裕を感じますよね」(30代女性)など、自分のことより彼女が旅を楽しめるように配慮できる男性は大人に見えるようです。自分が楽しいと彼女も楽しいと思い込んでしまいがちですが、彼女はどう感じているのか、他に希望はあるのか、気にかけることも大切でしょう。

  • 【8】旅館のマナーや海外の常識などについて心得ていた

    「チップのことが全然わからず、助けてもらいました」(20代女性)など、旅にまつわる最低限の知識をおさえておくだけで、彼女の信用が増すこともあるようです。ただし、必要のない場面でうんちくばかり披露すると、頭でっかちな印象を与えてしまうかもしれません。

  • 【9】渋滞にはまってもイライラせず楽しませてくれた

    「楽しくない時間ほど素が出ると思う」(30代女性)など、テンションが下がりやすい状況ほど、彼氏の反応が気になるという女性もいるようです。行列に並ぶ待ち時間なども、グチをこぼさずにその場をいかにやり過ごすか前向きに考えたほうがいいでしょう。

旅行で彼女に頼もしさを感じてもらうには、いいところを見せようとアピールするよりも、楽しみながらも平常心でいることのほうが大切なようです。必要なことは下調べしつつ、旅先での出来事に臨機応変に対応できる余裕を持ちたいものです。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計336名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock