別れをギリギリで踏みとどまらせてくれた「心に響いた彼氏のセリフ」9パターン


どんなに愛し合っているカップルでも、予想外のケンカやトラブルによって、破局の危険にさらされることはあるもの。そんなとき、彼氏が言った思いがけない一言が彼女の胸を打ち、危機を回避できたケースもあるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「別れをギリギリで踏みとどまらせてくれた『心に響いた彼氏のセリフ』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「僕は君のそばにいられることが幸せなんだよ!」

    「一緒にいることが当然になってたけど、そんな風に思ってくれてたんだ」(20代女性)など、「彼女のそばにいること」が自分の幸せという、素朴な愛情を伝える一言です。穏やかな将来像をイメージさせ、彼女を感動させることができそうです。

  • 【2】「俺にはお前しかいないんだ、この先もずっと」

    「すごく強く求められている気がした」(20代女性)というように、「自分にとって、この世で一番の女性は君だ!」という強烈な決意を伝える一言です。誰よりも強く彼女を求めることで、愛情の大きさを伝えることができそうです。

  • 【3】「○○には幸せになってほしいから、今までありがとう」

    「誰よりも私のことを考えてくれてるってわかった」(20代女性)など、自分の気持ちよりも「彼女の幸せ」を最優先することを伝える一言です。やや押しが弱い印象もありますが、彼女の気持ちを傷つけてしまったときなどに、反省を伝える効果もありそうです。

  • 【4】「一生懸命頑張るから、元の〇〇に戻ってくれ」

    「仲良く過ごしてたときを思い出して、離れがたくなった」(20代女性)など、何のトラブルもなく愛し合っていた時期の記憶を呼び覚ます一言です。二人の絆の重さを確認した上で、どうやって関係を修復するか、改善策を話し合うとよさそうです。

  • 【5】「今度こそ変わってみせるから、見届けてほしい」

    「あと一回だけチャンスをあげようと思った」(20代女性)など、自分が原因で彼女の愛情を失いかけてしまったときに、成長することを約束する一言です。どんな風に変わるのかを具体的に説明して誓うことで、説得力が増しそうです。

  • 【6】「まだ二人でやり残したことは沢山あるよ!」

    「このケンカがなかったら、ずっと幸せでいられたな…って思えた」(20代女性)など、二人の未来の可能性をイメージさせることで、彼女の気持ちを落ち着かせる一言です。「売り言葉に買い言葉」的な勢いではじまったケンカであれば、鎮火できる可能性は高そうです。

  • 【7】「何か問題があるなら、ちゃんと話して。必ず解決してみせる」

    「今まで言えなかった不満を、キチンと話し合おうと思った」(20代女性)など、彼女の内心の不満を聞き出すための一言です。カップルであっても言いづらい悩みはあるもの。これをきっかけに本音が言えるようになれば、ケンカをしたかいがあるというものです。

  • 【8】「○○が作ってくれるご飯しか食べられなくなっちゃったよ」

    「いつの間にかそういう関係になってたんだなあ」(20代女性)というように、彼女の母性愛に訴える一言です。甘えといえば甘えですが、二人の関係が深いからこそ出てくるセリフであり、積み重ねた時間の重さをアピールできる一言といえそうです。

  • 【9】「絶対に絶対に絶対に幸せにする。約束する」

    「根拠がないけど感動しちゃった。約束だからね!」(20代女性)など、「何があっても彼女を幸せにする」という覚悟を伝える一言です。その真剣味によって彼女の気持ちを動かすという点で、大きな責任が伴う一言といえるでしょう。約束は必ず守りたいものです。

伝えるべき気持ちを伝えられないまま破局を迎えることのないよう、思いをキチンと言葉にすることは大切です。ただし、それぞれのセリフをただ真似してもあまり意味はないでしょう。言葉に説得力を与えるのは、彼女と二人で培ってきた信頼関係であるということを肝に銘じておきたいものです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock