気になっていた男性への興味が一気に冷めた「下手なアプローチ」9パターン


身近にいて「軽く好意を抱いている男性」からアプローチされるのは、女性にとって嬉しいこと。しかし、その誘いがあまりに下手だと、せっかくの好意も急激に萎えてしまうようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「気になっていた男性への興味が一気に冷めた『下手なアプローチ』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】一方的な雑談メールを毎日のように送りつけられた

    「会話が成立してない」(20代女性)など、マメなメールのやり取りを好む女性は多いですが、上手く会話のキャッチボールができないと、逆に不快な気持ちにさせてしまうようです。相手の返信をきちんと読み、会話をつなげることを意識すべきでしょう。

  • 【2】「君を思うと胸がモヤモヤする」など、告白のセリフの歯切れが悪かった

    「ハッキリしてよ、男らしくない」(20代女性)など、好意を伝える告白のセリフが曖昧で中途半端だと、女々しいと思われてしまうこともあるようです。「好きだ」「付き合ってほしい」など、語尾を濁さず堂々としたセリフで告白したいものです。

  • 【3】初デート後、すでに彼氏気取りでメールの文面が偉そうになった

    「勘違いっぷりに冷めた」(20代女性)など、付き合う前のデートは、お互いをよく知るためのもの。舞い上がって彼氏気取りの態度を取ると、女性の気持ちを冷めさせるようです。初デートの後こそ、「楽しかった」という気持ちを謙虚に伝えることが肝心でしょう。

  • 【4】共通の友人を通じて、間接的にデートに誘われた

    「そこは自分で連絡してこい!」(20代女性)など、デートの誘いすら自分一人でできない男性は、頼り甲斐がないと思われても仕方がないでしょう。勇気をもって直接アプローチすることが、最低限の男らしさの証明といえます。

  • 【5】いきなり髪の毛や肩を触ってくるなど、唐突なボディタッチをされた

    「馴れ馴れしさが気持ち悪い」(20代女性)など、軽いボディタッチは親近感を増しますが、タイミングを間違えれば女性を不快にさせてしまいます。結果を急ぐことは避け、それ以外の方法で親しくなることを優先すべきでしょう。

  • 【6】「お茶でもしよう」と誘われ、本当にお茶だけでそそくさと帰られた

    「悪い意味でサプライズだった」(20代女性)など、気になる男性からの誘いは嬉しいものだけに、期待はずれだったときの落胆も大きくなります。短時間で切り上げるなら、その場で次のデートの約束を取り付けるなど、ワクワク感を演出したいものです。

  • 【7】初デート後、「どうして僕とデートしたの?」と恐る恐る聞かれた

    「こっちの顔色を伺っている感じが女子っぽい」(20代女性)など、相手の好意をわざわざ確認するような質問をすると、自信がない男と思われるようです。「今日は楽しかったよ」と自分から伝えて反応を待つなど、常にリードする姿勢を崩さない方がよさそうです。

  • 【8】「元カノよりかわいい」など、他の女性と露骨に比較された

    「その褒め方、まったく嬉しくない」(20代女性)など、他の誰かと直接的に比較されると、女性は気分を害するようです。どうせなら「君が世界で一番かわいい」と言い切るなど、余計な要素を混ぜないストレートな褒め方を心がけたいものです。

  • 【9】「俺に興味があるってわかってるよ」と上から目線で言われた

    「なぜか自信満々な態度に腹が立った」(20代女性)など、好意を持たれていることがわかっている場合でも、それをひけらかすような言動はNGのようです。デートに誘うときも、対等な立場から「君と二人で会いたい」という気持ちを素直に伝えるべきでしょう。

ほかにも、「気になっていた男性への興味が一気に冷めた『下手なアプローチ』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock