ただの友達だったのに「彼氏にしたいかも!」と胸キュンされる瞬間9パターン


仲良くしている女性がいても、「ただの友達」という感覚で付き合っている間は、恋愛対象に入っていないもの。しかし、異性を感じさせるコミュニケーションによって、友達から「素敵な男性」に昇格するケースもあるようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「ただの友達だったのに『彼氏にしたいかも!』と胸キュンされる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「誰かに言ってほしかったこと」を言ってもらえたとき

    「『仕事頑張ってるよね』と言われて、見ててくれてるんだなって思った」(20代女性)など、その女性を応援している気持ちを言葉にすることで、男性として意識されるようです。日頃から相手をよく観察していれば、かけるべき言葉は自然と見つかりそうです。

  • 【2】何かに夢中になっているときの、ものすごく真剣な表情を見たとき

    「壊れたパソコンを直してもらってるときの顔つきが素敵だった」(20代女性)など、男性が何かに集中しているときの顔は、女性を惹きつけるようです。仕事や勉強、趣味など、どんなジャンルでも、本気で取り組むときの迫力を女性はチェックしているのでしょう。

  • 【3】自分に対して「女性として」接してくれていると気がついたとき

    「びっくりしたけど、それ以来こっちも意識しちゃう」(10代女性)など、相手を「素敵な女性」として扱うことで自然と好意が伝わり、女性の意識を変えるようです。ただの友達関係に安住せず、自分から「男女であること」を強調していくのが大切でしょう。

  • 【4】スポーツの試合をしている様子など、普段とは違う姿を見たとき

    「点をとったり目立っててカッコ良かった!」(10代女性)など、スポーツなどで男らしく活躍している様子を見せることで、女性の視線は変わってくるようです。運動が得意でなければ、趣味などで自分が輝いている姿を見てもらえば、近い効果はありそうです。

  • 【5】男らしい印象の相手の、精神的に弱い部分を知ったとき

    「自信家すぎて苦手だった男性が、実は人間味があって好きになった」(30代女性)のように、第一印象を覆すようなギャップを見せることで、女性からの評価は一変するようです。「彼女にだけ見せる」という特別感も、異性として意識させる効果が高いでしょう。

  • 【6】酔った自分を介抱してくれたなど、フォローしてもらったとき

    「恥ずかしいところを見られたせいで、親近感が湧いた」(20代女性)など、お酒の席での失敗をフォローしてあげることで、女性は親しみを感じるようです。「面倒見の良さ」をアピールできるため、頼り甲斐のある男性と思ってもらえるのでしょう。

  • 【7】自分の話を最後までじっくり聞いてくれたとき

    「話してるうちに安心感が湧いてきて、もっと話したくなった」(20代女性)など、女性の何気ない話をしっかり最後まで聞いて共感することで、信頼を得られるようです。具体的なアドバイスや意見を言うよりも、「ただ聞いてあげる」という意識がコツでしょう。

  • 【8】スキンシップをされても、不快な感覚がなかったとき

    「嫌じゃなかった人は、軽く意識してしまう」(20代女性)など、女性はスキンシップのときの直感によって、無意識に男性を区別しているようです。友達として親しくなってから軽くスキンシップすることで、男性として見てもらえそうです。

  • 【9】お年寄りに親切にしている姿を見たなど、優しい性格に触れたとき

    「絶対いい人だ!と確信した」(20代女性)など、純粋な親切心で他人に優しくできる男性を、女性は信頼するようです。困っているお年寄りや子供などを率先して助けてあげることで、それを見た女性からの評価が急上昇しそうです。

一旦、「気楽に付き合えるお友達」としての評価が固まってしまうと、それを覆すのは難しくなるもの。女性への「思いやり」や「優しさ」を強調し、素敵な男性と思われるよう勇気を出してアピールすれば、きっと「彼氏候補」に昇格できるはずです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock