付き合う気ゼロでも「自分に惚れている男性」をキープする女性の本音9パターン


誘えばデートには応じてくれるけど、いつまで経っても「お友達」のまま。そんな小悪魔的女性との微妙な距離感に悩まされている男性もいるはずです。彼女たちは、なぜ曖昧な関係をキープしたがるのでしょうか? 今回は、20代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に、「付き合う気ゼロでも『自分に惚れている男性』をキープする女性の本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分が暇なときに、気軽に遊べる相手がほしいから

    「急に予定が空いた時とかにパッと遊びたい」(20代女性)など、気軽に遊べるボーイフレンドを欲しがっている女性も少なくないようです。「友達」からの出発ながら、親密さが深まれば「恋愛対象」に変わっていくケースもある様子。慌てて告白せず、じっくり仲良くなると良さそうです。

  • 【2】自腹では食べられないような豪華な食事を奢ってもらえるから

    「奢りなら一緒に遊んでもいいかな、っていう相手もいる」(20代女性)など、きつい言い方をすれば「男性の財布をアテにしている」女性もいるようです。常に奢ることが前提のデートが続くならば、お金の切れ目が縁の切れ目になる可能性もありそうです。

  • 【3】自分を大切に扱ってくれるので、友達としてなら楽しく遊べるから

    「チヤホヤされるのが楽しい」(20代女性)など、男性から優しく接してもらうことに喜びを感じている女性もいるようです。デート中は徹底的に『お姫様扱い』でエスコートすることで、女性からの好意を勝ち取れるかもしれません。

  • 【4】他に本命にあたる人ができるまで、寂しさを紛らわせたいから

    「せっかくの休日に予定がないのは嫌」(20代女性)など、好きな人がいない状況だからこそ、色々な男性とデートしてみるという女性も。個性的なデートプランを計画して「他の男性とは違う魅力」を印象付ければ、本命に昇格できるチャンスはありそうです。

  • 【5】今は微妙な関係でも、時間をかければ好きになるかもしれないから

    「ひょっとしたら…とズルズル迷ってしまう」(30代女性)など、何度かデートをしても付き合う決断ができない女性もいるようです。誠実なデートを重ねて好意を伝えつつ、彼女の気持ちが固まるまで待ってあげるのが男らしさかもしれません。

  • 【6】デート経験を増やすことで、自分の魅力をアップさせたいから

    「色々なデートをして女を磨きたい!」(20代女性)など、経験値として様々な男性とデートをしたいと考える女性も。彼女の知らない「ちょっと大人なスポット」に案内するなど、経験豊富な男という印象を与えれば、より興味を持ってもらえそうです。

  • 【7】決定的に振ってしまうと、友達としてもいられなくなるから

    「ハッキリさせて縁が切れちゃうのが嫌」(20代女性)など、友達関係を保つために、あえて曖昧な距離感を選ぶ女性もいるようです。「男友達としては」好意を持たれているので、ひとまず現状維持の付き合いを続けていくのがベターかもしれません。

  • 【8】プレゼントを買ってくれ、損はないから

    「恋愛対象としては見ていないけど、マイナスもないから」(20代女性)など、プレゼント目当てでデートに応じる女性もいるようです。恋愛の形は人それぞれとはいえ、誠実なカップル関係は望めなさそうです。男性側も早めに判断したいところです。

  • 【9】イザというときに力になってくれる男友達が沢山ほしいから

    「味方は多いほうが良い」(20代女性)など、多くの男性から好意を集めることで、様々な場面でのサポートを期待している女性もいるようです。精神面や仕事、学業など、彼女が重視している部分で一番の協力者になれれば、大きな信頼を得られそうです。

人には様々な事情や思惑があり、男女の関係は一筋縄ではいかないもの。女性の曖昧な態度を非難するよりも、「少なくともデートはできる状況」をチャンスと捉えて、自分の魅力をアピールすることに専念してみてはいかがでしょうか。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計268名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock