仕事でミスって落ち込んでいるとき、同僚男性に言われてキュンとした言葉9パターン


気になる同僚女性がふさぎ込んでいたら、何か一声掛けて勇気づけたいものです。そのときの言葉のチョイス次第では、女性の気持ちを自分に向けることができるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性311名に聞いたアンケートを参考に、「仕事でミスって落ち込んでいるとき、同僚男性に言われてキュンとした言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】気が晴れるまでやさしく愚痴を聞いてくれそうな「話聞くよ?」

    「話すとスッキリする」(20代女性)と、話すことがストレス解消になるという意見が多くありました。ただし「こうすべき」など下手に自分の意見を主張するとムッとさせる危険があるので、聞き役に徹したほうがいいでしょう。

  • 【2】自分を気にかけてくれているのが伝わる「気にすんな」

    「見守られているようで、ホッとする」(10代女性)のように、「何よりも君が心配」ということが伝わる言葉にグッとくるという女性も多いようです。面と向かって言いづらければ、メールを送るだけでも彼女を励ませるかもしれません。

  • 【3】支えられているようで頼りがいがある「次は相談して」

    「心強くて頼もしい」(20代女性)と、困ったときに助けてくれそうな男気のある男性に、寄りかかりたいという女性もいました。相談を受けたら「俺も同じことで怒られた」など、同じ立場からの助言を心がけ、上からの物言いにならないよう注意しましょう。

  • 【4】暗い気持ちさえ笑い飛ばせる気がしてくる「なんとかなるよ」

    「彼の明るさが、いい方向に持っていってくれそう」(20代女性)のように、前向きな気持ちになれるセリフをくれる男性にキュンとくる女性もいます。雑な言い方だと「他人事だと思って…」と女性の気分を害する場合もあるので、「俺はもっと大変なことやらかしたけど」などと自分の失敗談を笑い話として話してみてはいかがでしょう。

  • 【5】ゆっくりとした口調で言われると落ち着く「大丈夫、大丈夫」

    「息が上がっている状態を、元に戻してくれるような安らぎを感じる」(20代女性)と、男性の低い声でささやかれると、えも言われぬ安堵感を覚える女性もいるようです。仲のいい同僚女性なら、肩をやさしく叩くなどスキンシップを加えると、より安心させられるでしょう。

  • 【6】ミスを共感してくれる「俺も同じようなことがあった」

    「一緒に愚痴れる」(20代女性)など、似たような体験談を話してくれる男性に親近感を覚えるようです。自分の失敗を少し大げさに話せば、彼女の挫折感がやわらぎ、より親しみがわいて距離が縮まるかもしれません。

  • 【7】自分だけじゃないと思えば、少し気が楽になる「誰だって失敗するもの」

    「1人で抱え込まなくて済む」(30代女性)のように、男性にやさしく諭してもらうと、心が安らぐという意見もありました。同時に「次頑張ればいいよ」と前向きな言葉を掛ければ、余裕がある大人の男性ということをアピールできそうです。

  • 【8】気分転換できて、明日から明るい気持ちになれる「飲みに行こう」

    「何もかも忘れて、楽しいことだけ考えたい」(20代女性)と、仕事での失敗を忘れるような時間を作ってほしいという女性もいました。明るい話題を振って彼女のストレスを和らげ、さらに女性が話したいようなら仕事のことも聞いてあげるといいでしょう。

  • 【9】自分のことを見守ってくれている気がする「頑張ってるの、俺は知ってる」

    「私のよき理解者って感じがする」(20代女性)と、自分の頑張りを認めてくれる男性を、特別な存在と感じる女性もいました。「いつも遅くまで頑張ってるよね」など、彼女の努力を具体的に褒めれば、説得力が増すでしょう。

落ち込んでいるとき、女性は言葉で励ましてもらいたい人とあまり触れてほしくない人の2つのパターンに分かれるようです。まずは、「どうしたの?」とそれとなく探りを入れて、彼女が望んでいそうな言葉を掛けてみてはいかがでしょう。(廣野順子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計311名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock