好きな人への恋心をスッパリあきらめるための行動9パターン


恋の傷は、女性より男性のほうが引きずりやすいとよく言われますが、叶わぬ恋をしたとき、世の男性はどうやって踏ん切りをつけているのでしょうか。『スゴレン』男性読者への調査をもとに、「好きな人への恋心をスッパリあきらめるための行動」を紹介します。

  • 【1】告白して、完膚なきまでにキッパリふられる。

    「少しでも希望があると思ってしまうと、あきらめられないので」(20代男性)というように、告白することでハッキリNOを突き付けられたほうが、あきらめやすいという男性が多いようです。やらない後悔よりやって後悔するほうが、人間としての成長もできそうです。

  • 【2】恋愛の傷は恋愛で癒すため、新しい恋を見つける。

    「その人以上の女性を見つける」(20代男性)、「違う人を好きになるしかない」(10代男性)というように、新しい恋はやはり失恋の特効薬のようです。最初はあまり気乗りがしなくても、合コンに参加したり、ほかの女性と積極的に話してみるほうがいいかもしれません。

  • 【3】時が解決してくれるのをひたすら待つ。

    「気持ちも移り変わっていくから」(20代男性)というように、失恋直後は、永遠に続くように思える心の痛みも、時間がたつにつれて必ずやわらいでいきます。忙しいと、時間が過ぎるのがあっという間に感じるもの。寝る間もないほど予定を入れて過ごしてはいかがでしょうか。

  • 【4】携帯の番号やメールアドレスなど、あらゆる連絡手段を消去する。

    「連絡がつくと迷いが出るから」(10代男性)というように、接点をなくしてしまうのもキッパリ踏ん切りがつくようです。携帯の連絡先だけでなく、PCのアドレス、ブログをやっている女性ならそのブログのメンバー登録をやめるなど、今後一切連絡が取れないようにすることが大切でしょう。

  • 【5】好きな人のことを考える暇がないほど、予定を入れまくる。

    「とりあえず行動してる間は考えなくてもすむ」(10代男性)というように、物理的に彼女のことを考える時間をなくすのも有効な方法です。それに、ヘトヘトになるまで動き回ることで、彼女を想って眠れないなんて夜もなくなるかもしれません。

  • 【6】男ならではの趣味や友達との飲み会など、彼女がいたらできないことをする。

    「せっかくなら、彼女がいない時間を楽しむべき」(20代男性)というように、寂しさをまぎらわすというより、「彼女はいないほうがいいかも…」と前向きに考える方法です。趣味に時間をさくことでその腕が上がったり、交友関係が広がるなどのメリットもありそうです。

  • 【7】「俺には恋より大事なことがある」と言い聞かせ、仕事や勉強に打ち込む。

    「『一時期の感情より、俺には夢のほうが大切』と自分に言い聞かせる」(20代男性)と、仕事や勉強に没頭するという人も多いようです。自分を奮い立たせるため、まずは友達や親に、「絶対に夢を実現させる!」と宣言してみましょう。

  • 【8】がんばって相手の欠点を探し、「もっといい子がいる」と自分を納得させる。

    「付き合ってから大変になりそうな部分を探してみる」(30代男性)、「短所だけを考える」(10代男性)など、好きな女性のマイナス面をあえて探すという意見も。「彼女以上に魅力的な人がいるはず」と自分を納得させましょう。

  • 【9】一滴の涙も出ないくらいまで、とことん泣く。

    「限界まで落ち込んで涙を出しまくると、スッキリあきらめられます!」(20代男性)というように、涙と一緒に恋心も流し出してしまうという意見も。泣くときには、自分の感情を言葉にして吐き出すと、よりスッキリできます。

今回紹介した中に、参考になる意見はあったでしょうか。ほかにも、「好きな人への恋心をスッパリあきらめるための行動」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock