彼女が触れられたくないと思う瞬間9パターン


気持ちの通った彼女だと思っても、気軽にスキンシップした瞬間、拒絶反応を示された経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。付き合っている彼女とはいえ、気持ちをすべて把握するのは難しいことです。そこで今回、彼女の気持ちを把握するヒントとして、「彼女が触れられたくないと思う瞬間9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】彼だけ酔っぱらってお酒くさかった瞬間

    お酒に酔った人間と酔っていない人間とのテンションのギャップは大きいもの。酔っ払ってスキンシップした場合、彼女から「面倒」と思われる可能性があります。双方ともにお酒を飲むなど、同じテンションのときに、スキンシップするようにしましょう。

  • 【2】汗臭く、不潔なままだった瞬間

    臭い場合、たとえ彼女であってもさすがに我慢できないこともあります。清潔な状態で接した方が良さそうです。

  • 【3】「誰でも良いから触りたい」という意図が分かった瞬間

    女性は繊細なので、「これは、愛情ではない。」と感じた瞬間に拒絶します。自分の気持ちを高めてから、接するようにした方が良さそうです。

  • 【4】ひどい日焼け後、触られるだけで痛いとき

    触れられることで、彼女は痛がるので控えるようにしましょう。彼女の肌に対する観察力も求められます。彼女に関する情報収集を怠らないように気を引き締めましょう。

  • 【5】ゲームや仕事などに集中していた瞬間

    彼女が何かに集中しているときに、ちょっかいを出した場合、「もう!いい加減にやめて!」と怒られる可能性があります。

  • 【6】学校や会社など、知り合いがいそうな場所にいるとき

    外出時のパターンです。ベタベタしているところを知り合いには目撃されたくないものです。彼女の職場や学校の近くでは、配慮してあげましょう。

  • 【7】眠りに入ろうとしている瞬間

    ウトウトといい気分を邪魔しないようにしましょう。睡眠欲の力は絶大です。

  • 【8】機嫌を取ろうとしていることが明らかな瞬間

    怒っている彼女に対して、スキンシップするパターンです。余計、彼女をイライラさせる可能性があります。まずは謝罪の言葉を口にするなどのコミュニケーションをとった方が良いでしょう。

  • 【9】他の女性と浮気していたことが発覚した瞬間

    浮気によって、心の距離が一気に遠ざかり、「触れてほしくない」と感じる女性がいます。これはもう危機的状況です。

他にはどのようなタイミングで、彼女は「彼氏に触れられたくない」と感じるのでしょうか。彼女に嫌がられた苦い経験がある方、ぜひ教えてください。
Photo:All images by iStock