「イケメンじゃなくても、イイ男じゃん!」と思われる行動9パターン


イケメンばかりがもてはやされる昨今、「男は顔じゃない!」と考える女性も案外います。では、見た目はよくなくても、出会ったときから女心をつかむにはどんな行動をすればよいのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『イケメンじゃなくても、イイ男じゃん!』と思われる行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】恥ずかしくても、緊張した空気をやわらげるように笑顔を見せる

    「イケメンの笑顔は『女慣れしてる』、そうでない男性の笑顔は『誠実そう』と思う」(30代女性)というように、イケメンじゃない男性のシャイな笑顔に魅せられる女性は多いようです。美醜など気にせず、にこやかに接することで、女性のハートをとらえる機会も増えそうです。

  • 【2】話しかけるときは、まっすぐ相手の目を見る

    「きちんと目を見て話してくれたとき、『あれ?』って感じてスイッチオン♪」(20代女性)というように、イケメン風の「目力」はなくとも、男性のまっすぐな視線は女性をひきつけるようです。ただし、生真面目すぎるガン見は禁物、目元にほほえみを絶やさないように心がけましょう。

  • 【3】自然体で、会話のキャッチボールを楽しむ

    「素のままの自分が出せた!」(10代女性)というように、話して楽しければ、女性は、顔など気にならないようです。初対面で緊張していること自体を笑いに変えるなどしてできるだけナチュラルにしていれば、自分にふさわしい相手と意気投合できるかもしれません。

  • 【4】みんなに平等に話を振るなど、周囲にも配慮する

    「誰もが楽しめるように気を配れる人は、器が大きいよね」(10代女性)などと、女性は、まわりに気配りできる男性に包容力を感じてひかれるようです。たとえ場を仕切れるキャラでなくても、みんなとわけへだてなく会話を楽しんでいれば、好感度が上がりそうです。

  • 【5】制服をだらだら着崩さないなど、身だしなみを整える

    「やたらシャツのボタンはずすとか、変にカッコつけてない人!」(10代女性)というように、気取らず清潔感のある着こなしの男性にひかれるという意見も多数。靴のかかとを踏む、カバンをつぶして持つなど、斜に構えただらしなさはNG評価につながるようです。

  • 【6】お年寄りの荷物を持つなど、第三者にも優しくする

    「見知らぬ人に親切にできる人は『本物』って感じ」(20代女性)などと、男性の人柄の良さがかいま見えたとき、女性の心に刺さるようです。即効性はなくても「お年寄りに席を譲る」などの善行を積むと、雰囲気ににじみ出るものがあるかもしれません。

  • 【7】自分がベラベラしゃべるより、相手の話をじっくり聴く

    「ノリの良さで攻める男子は多いけど、つきあうなら話してて落ち着ける人」(10代女性)というように、一緒にいて安らげる男性は女性の支持率が高いようです。相手の話に耳を傾ける姿勢を身につけると、グラッとくる女性が増えるでしょう。

  • 【8】話題にのぼったことを、知的な情報を加えて解説する

    「男は顔よりアタマ! どこの大学かより、話題の豊富さが大事」(20代女性)というように、知性を感じさせる男性に憧れる女性もいます。ただし得意げに知識をひけらかすと女性は呆れてしまうので、相手の反応を見ながら会話しましょう。

  • 【9】自分を知った、ほど良いオシャレをする

    「ブサメンだけど、やせた体に似合うブランドの服をサラリと着こなしてた」(20代女性)というように、自分の個性をうまくプロデュースできる男性も、女性には魅力的に映るようです。まずは雑誌などで着こなしの研究に励みましょう。

女性が男性にひかれるポイントは「顔」以外にもいろいろあるようですが、いずれも「それを通して相手の内面を感じた」ことが共通点のようです。会話や服装など、出会いの第一段階で気負わずにアピールできる「自分なりの良さ」を磨いておきましょう。(中村友紀)
Photo:All images by iStock