初対面の女性に言うと「絶対彼氏にしたくないタイプ!」と烙印を押される非モテワード9パターン


女性との初対面で何を語るかによって、異性としての「第一印象」はほぼ決定されるもの。相手に不快感を与える発言をすれば、恋人候補からは外されてしまいます。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「初対面の女性に言うと『絶対彼氏にしたくないタイプ!』と烙印を押される非モテワード9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「君って実は〇〇なタイプでしょ」など、女性の性格を勝手に決めつける

    「上から目線が嫌」(20代女性)など、よく知りもしない内面を言い当てようとすると、女性の反感を買うようです。ただし、相手の行動から性格の良さが垣間見えた場合などは、それをキチンと説明しながら褒めることで、好感を得られそうです。

  • 【2】「とりあえず年齢と血液型を教えて」など、即プロフィールを知ろうとする

    「何が目的なの?」(20代女性)など、まだ親しくない女性のデータを集めるような質問は、相手に不快感を与えるようです。ただし、周囲にいる人達にも血液型を聞いて「相性」の話題で盛り上がるなど、さりげない会話の流れで聞くのはアリでしょう。

  • 【3】「女なら料理くらいできて当然じゃない?」など、自分の女性観を押し付ける

    「自分はできるワケ?」(10代女性)など、「女なら…」という固定観念の押し付けは、女性の機嫌を損ねるだけです。初対面の段階では、相手の良い部分や魅力を見つけて褒めることに注力し、勝手な理想を語ることは控えるべきでしょう。

  • 【4】「あそこにいる子、超かわいくない?」など、別の女性をやたら褒めそやす

    「じゃあそっちいけよ!」(10代女性)など、ひとりの女性を前にしながら、別の女性の美貌を褒める発言は、相手のプライドを大きく傷つけます。どんなに気になる人がいても、目の前にいる女性との会話に集中しましょう。

  • 【5】「君、めっちゃ胸大きくない?」など、セクハラや下ネタで牽制する

    「軽い女かどうか探られてる気がする」(20代女性)など、初対面でのセクハラ発言は、ほぼ確実に非モテに繋がります。仮にその場が盛り上がったように感じても、女性は内心「ナイな」と判断しているもの。女性の体について軽々しく言及するのは避けるべきです。

  • 【6】「今日の髪型、すごい盛ってるね」など、相手の外見をいじって笑う

    「からかわれて嬉しいわけない」(20代女性)など、気安い仲になろうと相手の外見をいじる方法は、初対面の女性には通用しません。髪型やファッションに注目するなら、あくまでも「褒める」を貫くこと。照れずにストレートに讃えましょう。

  • 【7】「こう見えても甲子園行ってるから」など、聞かれてもいない自慢を語る

    「小さい人間に見える」(20代女性)など、女性にとって、初対面の男性の自慢話は退屈なもの。特技を聞かれたら控えめに答えるなど、日本人的な「謙遜の美徳」を守ることで、逆に相手から「もっと知りたい」と興味を持ってもらえるはずです。

  • 【8】「自分は全然ダメ男なので…」など、卑屈なまでに自分のことを低く見せる

    「励ましてほしそうな甘えが嫌」(20代女性)など、ナイーブな男性にありがちな自己卑下は、多くの女性にとっては「頼りなさ」としか映らないようです。目の前にいる女性と堂々と会話する自信がなければ、異性として見てもらえないでしょう。

  • 【9】「で、彼氏いるの?」など、ろくな会話もなく恋人の有無を確認する

    「どっちでも貴方には関係ない」(20代女性)など、ごくプライベートな話題である彼氏に関する質問は、女性にとってぶしつけなようです。親しくなるまではストレートな聞き方は避け、一人の男性として親近感を持ってもらうことを優先すべきでしょう。

女性との初対面では、ゆっくり丁寧なコミュニケーションを心がけることが大切。男友達のようにイキナリ距離を詰めようとするのではなく、まずは人として好感を持ってもらうことを目指すのが正解のようです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock