「彼が自分と正反対の性格でよかったー!」と惚れ直してしまう瞬間9パターン


「彼と性格が似ていてよかった」と思う女性はたくさんいますが、「反対でよかった」と惚れ直すケースもあるようです。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「彼が自分と正反対の性格でよかった」と思う女性の本音を紹介します。女心を理解すれば、今の彼女とさらによい関係を築けるかもしれません。

  • 【1】マイナス思考な自分を、プラス思考な彼が励ましてくれるとき

    「前向きに受けとめてくれる彼に救われた」(30代女性)など、後ろ向きな彼女を明るく彼が励ますとき、愛が深まるパターンです。彼女が悩んでいる場合、結論を無理に急かすとますます混乱させてしまいます。まずは話に共感し、楽天的に受けとめてあげるとよいでしょう。

  • 【2】すぐに熱くなる自分に対して、冷静な彼が意見をくれるとき

    「暴走する自分の頭を冷やしてくれる彼は、必要な存在」(20代女性)など、熱しやすい彼女がクールな彼にグッとくるパターンです。買い物で彼女が不要なものを買おうとしていたら、「○○では代用できないの?」と別の視点を提案してあげるとよいかもしれません。

  • 【3】インドア派の自分を、アウトドア派の彼が連れ出してくれるとき

    「自分的にはまさかの週末サーフィンデート。体の調子がよくなった」(20代女性)など、こもりがちな彼女が彼の活発な魅力に惚れ直すパターンです。ただし、気乗りしない彼女を強引に外に誘うと嫌がられるので、見極めが大切でしょう。

  • 【4】ルーズな自分に対して、几帳面な彼が世話を焼いてくれるとき

    「彼はこまめに掃除する派。バランスが取れていると感心(笑)」(20代女性)など、面倒くさがり屋な彼女をきまじめな彼がサポートするパターンです。ズボラな彼女に「片付けて」とうるさく言うと疎まれてしまうので、片付けてあげた方が早いかもしれません。

  • 【5】おおざっぱな自分に、凝り性な彼がデートプランを練ってくれるとき

    「何でも計画するところ、脱帽です」(20代女性)など、こだわり派の彼に行き当たりばったりタイプの彼女がキュンとするパターンです。「カフェめぐりが好き」「休日は運動したい」など、彼女の好みをリサーチしてデートプランを作ると、喜んでもらえるでしょう。

  • 【6】のんびり屋の自分をチャキチャキ派の彼が助けてくれるとき

    「お兄ちゃんのような優しさにキュン」(20代女性)など、マイペースな彼女を段取りのいい彼がフォローするパターンです。彼女の行動が遅いと感じても「早く」と急かすのではなく、「次の予定に間に合わせるために40分にはここを出よう!」など先回りして計画してあげるとよいでしょう。

  • 【7】短気な自分を温厚な彼がなだめてくれるとき

    「穏やかな彼と接すると、交際してよかったと心から思う」(20代女性)など、気の短い女性がおおらかな男性に癒されるパターンです。彼女がイライラしていたら、「大丈夫だよ」と言いながら頭を優しくなでてあげると、彼女の心が落ちつくかもしれません。

  • 【8】優柔不断な自分を、決断力のある彼が引っ張ってくれるとき

    「一緒にいて、居心地がいい」(20代女性)など、迷いがちな彼女をしっかり者の彼がリードするパターンです。食事デートのときは、「何が食べたい?」と聞くより、彼女が決めやすいよう「和と洋とどっちが食べたい?」と絞って聞いてあげるとよいかもしれません。

  • 【9】内向的な自分に、社交的な彼が友人やイベントを紹介してくれるとき

    「世界が広がるし、そんな彼を改めて尊敬」(20代女性)など、引っ込み思案な彼女がアクティブな彼に憧れるパターンです。彼女を自分のフィールドに連れ出すときは、彼女が「楽しい」と思えるようマメに声をかけてあげましょう。

うまくいっているカップルには、「パートナーの価値観を否定するのではなく、尊重した上で補い合う」という共通点があるようです。彼女との性格の違いに頭を抱えることがあったら、まずは相手を認めてあげることから始めてみてはいかがでしょうか。(水谷ともゑ)
Photo:All images by iStock