男性が「俺って甘えん坊だなぁ」と感じる瞬間9パターン


男性は誰しも、大人になっても子どもの一面を残しているものです。自覚していないだけで、周りからは甘えん坊と思われている人も少なくないでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「男性が『俺って甘えん坊だなぁ』と感じる瞬間」を紹介します。

  • 【1】とにかく女性の胸ばかりに目がいくとき

    「顔をうずめて甘えたくなる」(20代男性)など、あらゆる女性の胸に母性を感じまくるのは甘えん坊な男性にとって日常茶飯事のようです。ただし、甘えん坊なうえにマザコンの気質もあると、女性に「面倒くさそうな男」と敬遠される恐れもあるので注意したいところです。

  • 【2】「ひとりの時間がほしい」と言うくせに、会いたくなるとすぐに電話してしまうとき

    「情けないですね…」(30代男性)など、マイペースな行動に彼女をむりやり付き合わせている男性もいるようです。「突然呼び出すと彼女は嬉しそうにするんです」(20代男性)という声もありますが、女性はおそらく、心のどこかで「この人、自分勝手だな…」という思いを抱えているので、慢心しないようにしましょう。

  • 【3】わざとお腹のあたりに抱きついて、頭を撫でてもらおうとするとき

    「こうされると落ち着くんですよね」(20代男性)など、母親にあやされる子どものような気分になって童心を取り戻すパターンです。さらに「頭を撫でてもらった流れで、ひざまくらを要求することも」(20代男性)という人は真の甘えん坊なので、もう少し大人になる努力をしたほうがいいかもしれません。

  • 【4】年上の女性にお菓子をねだろうとするとき

    「上司にすら平気でねだれますから(笑)」(20代男性)など、甘えん坊には女性の優しさに何のためらいもなく寄りかかれるという特徴もあるようです。言い方を変えれば、女性がつい気を許してしまうほど魅力的な「人なつっこさ」の持ち主ともいえるでしょう。

  • 【5】彼女からのプレゼントを驚きもしないで受け取ってしまうとき

    「特に感動もないというか…」(20代男性)など、人からものを贈られることに慣れきっているパターンです。感謝が足りない男性は女性に引かれる可能性大なので、過保護に育てられ、「もらって当然」という精神が染み付いている人は注意しましょう。

  • 【6】彼女とふたりきりになると赤ちゃん言葉を使いまくっているとき

    「友達に見られたら死にます」(20代男性)など、「赤ちゃんプレイ」というべき極度の甘えっぷりを発揮している人もいるようです。ただし、「外の顔」がクールな人は、赤ちゃん言葉にドン引きされる可能性があるでしょう。

  • 【7】自分のワガママを正当化しようと彼女を説得しているとき

    「我ながらなんて子どもなんだと…」(20代男性)など、ワガママだと自覚しながらもそれを突き通すあたりに、自身の幼さを実感するパターンです。もっともらしいヘリクツをこねるのがクセになっている人は、甘えん坊というより「自己中」だと思われることもあるので気をつけましょう。

  • 【8】耳かきをしてほしいとしつこくお願いするとき

    「じゃれついてなんとかお願いする」(20代男性)など、ペットのごとく彼女にまとわりつき、耳かきをおねだりする男性もいるようです。彼女に呆れられないようにするには、迷惑そうにしていないか引き際を見極めることが大切でしょう。

  • 【9】デートや旅行のプランニングなどを全部彼女に任せているとき

    「マジでただついていっているだけ」(20代男性)など、ふたりの行動は彼女に任せっきりという男性もいるようです。ときには食事する店を決めたり、次の行き先を提案したりするような男らしさも見せたいところです。

こうして見ると、甘えん坊は女性に愛されるタイプと煙たがられるタイプのふたつに分けられるようです。プライドが高かったり、相手への感謝が足りなかったりすると女性に敬遠されるもの。甘えん坊な人は、甘えさせてくれる彼女への感謝をきちんと示すことが大事なのかもしれません。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock