自分の子なのにそんなことも知らないの?夫に呆れた瞬間9パターン


積極的に育児参加をしているつもりなのに、妻からは「無関心だよね?」と冷たい視線を向けられ、心外に感じたことのある旦那さまは多いと思います。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、「『自分の子なのにそんなことも知らなかったの?』と夫に呆れてしまった瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】子どもの友だちの名前をひとりも覚えていなかったとき

    「『ゆうくんが…』と息子の野球仲間の話をしたら、『誰?』と夫。4年も同じチームでプレーしているんだけど!」(20代女性)というように、わが子の交友関係に無頓着な態度は、妻を唖然とさせてしまいます。顔を合わせる機会が少ないとしても、子どもの友だちの名前ぐらいは頭にインプットするようにしましょう。

  • 【2】いつまでも小さい子向けのアニメが好きだと思っていたとき

    「夫が借りてきたDVDに『もう、それ卒業!』と息子の冷たい一言(笑)」(40代女性)というように、子どもとの関わり方が表面的になりがちな男親の場合、思わぬところでボロが出てしまうようです。特に「好み」に関する無理解は、父親への失望につながりかねないので、軽はずみに決めつけないほうがいいでしょう。

  • 【3】一人で大丈夫なのに、膝の上で食べさせようとしていたとき

    「ファミレスで娘に『あーん』とやりだした夫。もう小学生なのに…」(30代女性)というように、子どもの成長を把握せずに、トンチンカンな手出しをする夫は、妻に疎まれてしまいます。いつまでも「幼子」扱いするのではなく、妻と足並みを揃え、年相応のしつけを心がけましょう。

  • 【4】子どもの靴のサイズを把握していなかったとき

    「新しい上履きを買ってきてとお願いしたら、夫から『何センチだっけ?』と電話が…」(30代女性)というように、わが子の靴のサイズも知らない夫は、妻を憤慨させてしまうようです。身体の成長もわかっていないようでは、「育児のパートナー」として認めてもらえないと肝に銘じておきましょう。

  • 【5】子どもが好き嫌いを克服しているのに気付いていなかったとき

    「『ナスは食べてあげるね』と要らぬ助太刀のせいで、娘が『今は好きだもん』とへそを曲げてしまった」(20代女性)というように、わが子の努力を見ていない夫は、家族の食卓を気まずい雰囲気にしてしまうことがあるようです。ひと皮むけていく子どもをしっかり見守っていくことで、大黒柱としての威厳が保てるでしょう。

  • 【6】野球やサッカーに興味があるわが子を、砂場遊びに誘っていたとき

    「『かけっこしようか』と夫が誘ったら、息子は『キャッチボールがいい』と即答」(40代女性)というように、せっかく一緒に遊んでやろうとしても、的外れなアプローチばかりでは、子どももうれしくないはずです。息子の興味への理解が示せない父親は、子どもに失望されてしまうかもしれません。どんなに仕事が忙しくても、常にわが子の関心事にアンテナを張り、家族全員に安心感を与えられる父親を目指しましょう。

  • 【7】子どもの生年月日を忘れていたとき

    「娘は5月26日生まれなのに『20日だと思い込んでいた』と言い訳する夫。元カノの誕生日に違いない」(20代女性)など、わが子に関する基本的なデータを失念するようでは、妻からの信頼を失いかねません。子どもが増えれば混乱してしまうかもしれませんが、取り返しのつかないミスを避けるために、毎年しっかり手帳に書き写しましょう。

  • 【8】子どもの名前の漢字を間違えていたとき

    「学校関係の書類を頼んだら、娘の名前をちゃんと書けていなかった」(30代女性)というように、わが子の名前であるにもかかわらず、まともに漢字を書けない夫は妻に小バカにされても仕方がありません。あらぬ弱みを握られないよう、子どもの名前は正確に書けるようにしておきましょう。

  • 【9】園や学校の連絡先を知らなかったとき

    「『保育園に休みの連絡してくれる?』と夫に頼んだら、『何番?』と無邪気に聞いてきた」(30代女性)というように、塾や学校の連絡先を控えていない夫は、悪気がないぶん、余計に妻を呆れさせるようです。なんでも妻任せを改め、担任の先生の名前やクラスなどもケータイにメモリーして、デキる父親になりましょう。

ほかに「そんなことも知らなかったの?」と妻を呆れさせてしまったことがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(森かをる)
Photo:All images by iStock