男性の子供っぽい行動に萌える瞬間9パターン


年頃の男性たるもの、女性の前ではクールな自分を演出したいもの。しかし、ワザとらしく「洗練された」風の素振りを見せるよりも、一見「ガキ臭い」無防備な姿をさらけ出した方が女性の胸を打つこともあるようです。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性の子供っぽい行動に萌える瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】うれしそうにプリンを食べているとき

    「幼稚園児みたいでかわいい」(10代女性)など、プリンはピュアな人間性を強調できるアイテムのようです。無表情で食べるとやや不気味なので、軽く微笑んで食べることが女性ウケのポイント。普段はコワモテで近寄りがたいと思われている人ほど、好感度がアップするでしょう。

  • 【2】懐かしのアニメを観て号泣しているとき

    「守ってあげたくなっちゃう」(20代女性)など、母性本能を刺激する効果があるようです。名作フィクションを観て号泣する素直な感性とレアなシチュエーションが重要であり、日頃の悩みなどで簡単に泣くと「頼りない男」という印象を与えることもあるので注意が必要です。

  • 【3】出勤時にネクタイが曲がっているとき

    「寝坊したのかと思うと微笑ましい」(20代女性)など、ネクタイの曲がりっぷりに人間味を感じるようです。味付けとして、寝ぐせを加えるのもひとつの手段。ダメ人間だと思われないように、「少しだけネクタイが曲がっている」程度の加減を意識しましょう。

  • 【4】眠そうに両目をこすっているとき

    「オヤジでもかわいい赤ちゃんに見える」(10代女性)という、若返り効果のあるマジックを起こせるようです。女性をガッカリさせないためにも、オヤジ臭い低音のあくびを発するのは控えたいところ。弱々しい仕草で優しく両目をスリスリしましょう。

  • 【5】「お腹すいたー」と上目づかいで言われたとき

    「何でも奢ってあげたくなっちゃう」(20代女性)と、女性の財布のヒモを緩めることができそうです。ただし「上目づかいはイケメン限定!」というシビアな意見もあったので、自信がない場合は「腹へったー!!」的な元気な中学生男子っぽい発言にした方が良いでしょう。

  • 【6】膝枕をせがまれたとき

    「相手のことが愛おしくなる」(10代女性)など、甘えられることに弱い女性もいるようです。ただし、料理や家事をしている最中に膝枕をせがむと邪魔者扱いされそうなので、女性が寝る前や暇そうな瞬間を狙ってお願いしたいところです。

  • 【7】遠くから笑顔で手を振られたとき

    「無邪気さにグッとくる」(20代女性)というように、ピュアな少年性を演出できるアクションのようです。女性にかわいがってもらうために、人懐っこい笑顔を意識して、犬がしっぽで喜びを表現するように元気よく手を振りましょう。

  • 【8】顔にご飯粒がついているとき

    「油断した顔がたまらない」(10代女性)と、隙のある顔に魅力を感じる女性もいるようです。米ひと粒程度ならウッカリで済まされますが、口の周りにケチャップやソースがベットリついたままだとだらしない印象を与えるので注意が必要です。

  • 【9】初めて見たモノの匂いを嗅いでいるとき

    「動物みたいでかわいい」(20代女性)など、クンクンと匂いを嗅ぐときの無防備な見た目が胸キュンするポイントのようです。マヌケに見える可能性も高いので、道端に落ちているモノを嗅いだり、初対面の女性の前でクンクンするのは控えたいところです。

「男性の子供っぽい行動に萌える瞬間」には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock