女性が「正直、迷惑なんです」と思っている、興味のない男性からの熱心なアプローチ9パターン

1336 200x200

男性から女性への熱心なアプローチは、恋愛がはじまる王道。しかし、男らしいはずの積極的なアプローチも、一歩間違えれば女性を困らせ、迷惑をかけてしまいます。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「女性が『正直、迷惑なんです』と思っている、興味のない男性からの熱心なアプローチ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】何度断ってもしつこくデートに誘う。

    「2回断った段階で察してほしい。マジで興味ありません!」(20代女性)など、何度もめげずにアタックする勇気は立派ですが、特別な事情もなく女性に数回断られた場合は、失敗だと判断すべきでしょう。無理に押すだけでは迷惑と思われても仕方ありません。

  • 【2】返事がないのに、一方的なメールを何通も送る。

    「1日3回、一方的な近況報告メールが届く。正直怖い…」(20代女性)など、双方向のやりとりであるメールが一方通行になった段階で、相手には悪印象しか与えていないと考えた方がよさそうです。早急にメールを中止して、距離を置くべきでしょう。

  • 【3】「俺嫌われてる?」など、答えにくい質問をする。

    「嫌いって言いづらいから誤魔化すけど…態度でわかってよ」(10代女性)など、先輩後輩などの立場を悪用して強引なアプローチを仕掛けることは、女性から嫌われるようです。自分が目上でも、女性を追い込むような質問は控えるべきでしょう。

  • 【4】付き合ってもいないのに「この前一緒にいた男は誰?」などと問いつめる。

    「何であなたに答えなきゃいけないの?」(20代女性)など、恋人関係でもないのに、女性の交友関係について問いつめるような言動はNGです。「それをどこで見たの?」という部分で疑問を持たれ、不審に思われてしまうでしょう。

  • 【5】住所を聞いてから「今度そのあたりを案内してよ」と無理にねだる。

    「親しくない男性から住所を聞かれるのもイヤ。さらに案内って図々しすぎる!」(20代女性)など、いきなり住所を聞いてからのデートの誘いは、距離感をはかり間違えていると言われても仕方ありません。まずは自分がリードするデートを提案すべきでしょう。

  • 【6】女性の帰宅時間に合わせて、駅などで待っている。

    「偶然を装うとかバレバレ。ただのストーカーだと思う」(20代女性)など、さほど親しくない相手を勝手に待ち伏せるなどの行為は、女性に恐怖を与える最悪のNG行動です。女性に危険を感じさせるような行動は控えるべきでしょう。

  • 【7】周囲の友人らに協力を求めて外堀を埋める。

    「友達に『自分この娘と付き合うんで!』とか言いふらして回るの、本当に迷惑」(10代女性)など、外堀から埋めるような恋愛のやり方は、女性にも周囲にも迷惑をかけてしまいます。まずは女性本人に正々堂々とアタックするのが、正しい男の道といえるでしょう。

  • 【8】「かわいいね」をやたらと連呼する。

    「一言ならうれしいけど、連呼されると『それで?』と聞きたくなる」(20代女性)など、女性を褒める言葉も、連呼すると下心があるように聞こえ、女性を不快にさせてしまうようです。本心ならばこそ、本気の一言だけに留めておきましょう。

  • 【9】飲み会のときなどに必ず隣に座り、過剰に密着してくる。

    「下心がみえみえでキモいです」(20代女性)など、適度なスキンシップは親密感を生みますが、男性から過剰に密着するような行動は、女性からの信頼を失います。女性の方からスキンシップをされるまでは、男らしく我慢すべきでしょう。

ほかにも、「女性が『正直、迷惑なんです』と思っているアプローチ」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)

facebook

理想の結婚相手を探す