彼氏から言われて冷めた言葉9パターン


順風満帆にお付き合いが続いていても、不用意な一言によって、気持ちは急に冷めるもの。ではいったいどのような言葉によって、彼女の気持ちは冷めてしまうのでしょうか。そこで今回は、ケンカの火種を予め取り除いて頂くために、「彼氏から言われて冷めた言葉9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】「どこで何するの?誰と会うの?」

    彼女を心配するあまり、このような疑問を投げかけがちです。場合によっては、束縛されていると感じるので、言い方やタイミングなどは考慮が必要です。

  • 【2】熱があって体調が悪いときに、帰って来るなり、「飯は?」と普通に聞かれたとき

    彼女はお手伝いさんではありません。彼女を気遣うことも必要なことです。思いやりをもって接しましょう。

  • 【3】「お前のせいでうまくいかないんだ!!」

    仕事や勉強がうまくいかないときに言ってしまう一言です。全ての責任は自分にあると考えた方が、器の大きい男だと思ってもらえるでしょう。

  • 【4】「俺と仕事、どっちが大事なの?」

    仕事熱心な彼女に対する一言です。なんだか、頼りない印象を与えてしまいます。まずは、彼女を見習い仕事に情熱を傾けた方が良いでしょう。

  • 【5】「ねぇ、◎◎(元カノの名前)」

    不覚にも名前を間違えてしまったパターンです。その名前が元カノのものだった場合には、もうフォローが大変です。寝ぼけたフリをするなどの回避策を用意しておきましょう。

  • 【6】「生理かぁ、つまんない。」

    全く愛のない一言です。生理のときだからこそ、優しくしてあげましょう。

  • 【7】別れ話に 「いくらいる?」

    最初から、お金での解決を試みない方が良いでしょう。

  • 【8】「結婚は考えてないから。」

    周囲の友人が結婚し始めたタイミングにおいては、彼女に別れを決意させるだけの威力があります。不用意に口にしない方が良いでしょう。

  • 【9】「お母さんに聞いてみないと分からない。」

    マザコンがバレます。露骨にマザコンであることが分かった場合、ドン引く女性も多いようです。バレないように気をつけましょう。

他にはどのような言葉によって、彼女は冷めてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock