好きなタイプを具体的に伝えたとき、女性が心の中で思っていること9パターン


女性から「どんなタイプの女性が好き?」と聞かれて、答えに困った経験がある男性は多いはず。どう答えても不正解の意地悪問題のような気もしますが、あえてハッキリ答えると、女性はどんな印象をもつのでしょうか? オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「好きなタイプを具体的に伝えたとき、女性が心の中で思っていること9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「女性の外見しか見ていないのね」と呆れられる。

    「外見のことしか言わない男性はバカっぽい。視野が狭そう」(20代女性)など、外見面の条件を並べて女性の反感を買うパターンです。逆に「料理がうまい人」「一緒にいて安心する人」など、内面的なことや相性面について謙虚な態度で伝えれば好印象でしょう。

  • 【2】「自分とは全然タイプが違うんだ」と恋愛対象外に思われる。

    「自分が全然あてはまってない場合は軽くショック。気になってる相手なら妬ける」(10代女性)など、まったく違うタイプの女性には「恋愛対象外宣言」として受け取られるようです。面と向かってわざわざ伝えるメリットは少ないでしょう。

  • 【3】「友達にピッタリかも」と似たタイプの女性を紹介したくなる。

    「仲のいい男友達だったら、似たタイプの女友達を紹介しようかなと思ったりする」(10代女性)という幸運なケースもあるようです。ただし、タイプを伝えた女性と深い信頼関係が築けていることが前提条件でしょう。

  • 【4】「私もあてはまっているかも」と恋愛を意識される。

    「髪が長くて、メガネかけてて…それって私? とか思うと、意識してなかった相手でもちょっと気になる」(20代女性)など、タイプにあてはまる女性に恋愛を意識させる効果があるようです。ただし外見より内面的な条件を挙げたほうが印象はいいでしょう。

  • 【5】「へー、彼女いないんだ」と素直に受け取られる。

    「彼女がいれば言えないはずだから、『彼女いない宣言』だと思う」(20代女性)という意見のように、ストレートな「彼女募集」として受け取られるケースもあるようです。恋愛対象として意識されるきっかけになるかもしれません。

  • 【6】「周囲にいる女性に興味がないんだ」と誤解される。

    「私を含めて、周囲の女性は対象外なのねと思う」(20代女性)など、発言の仕方によっては「自分のタイプはもっと別の場所にいる」という意味にとられるようです。実際に好みのタイプがいるかどうかは別として、わざわざ反感を買われそうな発言をする必要はないでしょう。

  • 【7】「あんた何様?」と俺様キャラだと判断される。

    「条件が多い男性は、主導権を握りたがる俺様タイプ。付き合ったら面倒くさそう」(20代女性)など、好みの条件を多く挙げると、女性からは「上から目線」に感じられるようです。本当に大切なポイントをひとつだけ言ったほうが好印象でしょう。

  • 【8】「そんな女いないから(笑)」と現実が見えていないと思われる。

    「高望みした理想の条件を並べ立てる男性は、現実を知らなそう」(20代女性)など、男性が考える「理想の彼女像」は、女性から見れば非現実的だと思われることが多いようです。理想が高すぎると思われるのは困りもの。あくまでも「希望」として伝えるに止めるとよさそうです。

  • 【9】「こっそり参考にしよう…」と思われる。

    「誰の発言でも、男性の意見はとりあえず聞いておいて、いい女になるための参考にする」(20代女性)など、その男性に特別な好意がない場合でも、参考意見として聞く女性もいるようです。

ほかにも、興味深い「好きなタイプを具体的に伝えたときの女性の反応」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock