話を聞くとき、女の子を怒らせる態度9パターン


女の子との会話において、ちょっとでも気を抜くと、「話を聞いてくれない!」と怒らせる可能性があります。では一体、会話中のどのような振る舞いが、女の子の癇に障るでしょうか。そこで今回は、「話を聞くとき、女の子を怒らせる態度9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】あくびをしながら聞く男性

    あくびをするだけで、「この人、話を聞いてくれていない!」と女の子が激怒する恐れがあります。十分な睡眠をとり、体調を整えた上で女の子の話を聞きましょう。もし寝不足の場合、どんなに眠くてもあくびを抑え、しっかりと女の子の話を聞いてあげることも男性の役割です。

  • 【2】返事も相づちもしない男性

    聞いている相手からのリアクションのない会話は、話している女の子に、「興味がないのかな?」という不安を与えます。しっかりと返事や相づちを打ち、話を聞いてあげましょう。

  • 【3】ケータイを見ながら、話を聞く男性

    女の子の方をしっかりと見て、話を聞いてあげましょう。特にケータイを見ながら話を聞くことは、「メールの方に興味がある!」と思われ、女の子を不機嫌にさせます。どうしてもケータイを操作したい場合、「ちょっと、待っていてね。」と断りを入れた方が賢明でしょう。

  • 【4】可愛い子が横切り、目で追いかける男性

    話をしている女の子のテンションが一気に下がります。どんなに可愛い子が目の前を通っても、目線をそらすことなく、目の前の女の子に集中しましょう。

  • 【5】明らかに別のことを考えながら、「うん、うん」と返事する男性

    女の子に顔を向けていても、相づちを打っていても、別のことを考えていた場合、女の子に見抜かれてしまいます。しっかりと心を込めて、話を聞く姿勢が求められます。

  • 【6】「そんなことよりもさ。」と話題を変える男性

    女の子の話に興味を持たず、話題を変えようとするパターンです。自分の話したい話題を取り上げようとするのではなく、女の子の話を聞くことに集中した方が良さそうです。

  • 【7】「でもさ」「というより」など否定的に返す男性

    毎回、否定的なコメントだった場合、女の子は話をする気持ちもなくなってしまうでしょう。否定せずに、ひとまず聞いてあげることが大切なことでしょう。

  • 【8】「俺は?、俺は?」と自分の話ばかりする男性

    女の子からの相談にも関わらず、自分の話に置き換えようとするパターンです。自分の話をしたい気持ちもわかりますが、気持ちを抑え、女の子の話を聞くことに集中しましょう。

  • 【9】返事が、全く質問の答えになっていない男性

    女の子の質問に対して的確に答えていないパターンです。質問の答えを誤魔化しているか、自分の話をしたいために話題をすり替えようとしている可能性があります。質問に対しては、誠実かつ的確に答えましょう。

他にはどのような態度によって、女の子を怒らせてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock