「つまらない男だなぁー」とガッカリされる瞬間9パターン


女性が男性を選ぶうえで、「一緒にいて楽しい」と思えることは重要なポイント。楽しませ方は人それぞれですが、逆に女性が「一緒にいてつまらない」と感じるNGポイントを理解しておけば、マイナスな行動を回避することができるのではないでしょうか。オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「『つまらない男だなぁー』とガッカリされる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】小さなことにクヨクヨして自信をなくしているとき

    「すぐに落ち込む人と一緒にいると、こっちまで暗い気持ちになる」(20代女性)など、暗い気持ちを周囲に伝染させる男性は、女性から敬遠されるようです。ネガティブな感情にとらわれず、失敗した経験を糧に成長しよう!という前向きな心がけでいたいものです。

  • 【2】会話の引き出しが少なく、話を広げられないとき

    「反応がワンパターンだったり、話の中身が薄い人は一緒にいても楽しくない」(30代女性)など、楽しい会話はコミュニケーションの基本。自分から話を振るのが苦手なら、女性の話をよく聞き、話題をどんどん広げる「聞き上手」を意識するとよいでしょう。

  • 【3】デートコースがいつも同じだったとき

    「同じところに何度も行けば飽きる。発想が貧困かと思う」(20代女性)など、ワンパターンなデートは女性に不評です。特別にお金をかけなくとも、アイデア次第で色々なデートコースがあるはず。新しいスポットを探す手間を惜しまず、知恵を絞りたいものです。

  • 【4】季節ごとのイベントに興味を示さないとき

    「『イベントに踊らされる方がバカ』みたいな理屈をいう男性ほど、普段のデートも適当」(20代女性)など、男性の「イベント嫌い」の多くは喰わず嫌いです。自分は興味がなくとも、彼女を喜ばせるチャンスと考え、素直に受け入れた方がよさそうです。

  • 【5】自分なりの趣味やこだわりがないとわかったとき

    「話すことも誰かの受け売りだったりして、深みがない気がする」(20代女性)など、こだわりがない男性は、「人間的に薄い」と思われるようです。何か一つ「これだけは負けない」というこだわりを持つことで、キャラの立った男性と思ってもらえるでしょう。

  • 【6】デート中に「機嫌悪いの?」など女性の顔色をうかがってばかりのとき

    「ナヨナヨした男性はキモい。堂々としていて欲しい」(10代女性)など、女性の顔色をうかがうような態度は、女性に「頼りない男」と感じさせるようです。デートを楽しんでもらおうと考えるのは良いことですが、卑屈な態度に見えてしまっては逆効果でしょう。

  • 【7】すぐに「面倒くさい」といって行動を嫌うとき

    「ダラダラ暮らしている人のそばにいると、無気力に巻き込まれそう」(20代女性)など、怠惰な態度は女性に嫌われるようです。行動的であることは、魅力的な男性の条件の一つといえそうです。

  • 【8】常に冷静を装ってハメを外さないとき

    「ハシャぐときは思いっきりハメを外した方が楽しい」(10代女性)など、イベントなどの特別な日にもテンションの低い男性は、女性から「ノリが悪い」と思われます。いつも安全策ばかりでなく、ときにはハメを外す冒険心を持ちたいものです。

  • 【9】話題が仕事などの自慢話ばかりだったとき

    「つまらない自慢を繰り返す男性は、自己中心的で視野が狭い人がほとんど」(30代女性)など、男性の独りよがりな自慢話は逆効果となりがちです。自分の話ばかりするのでなく、むしろ女性から話を聞き出すくらいの余裕を持つとよいでしょう。

ほかにも、「『つまらない男だなぁー』とガッカリされる瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock