女性に「私って、都合のいいように利用されているだけ?」と誤解される行動8パターン


女性に自分勝手な頼みごとをしたり、自分の都合で女性を振り回したり…。本人の自覚のあるなしにかかわらず、女性に対して「自分勝手な行動」をとっている男性は意外と多いようです。女性に「都合のいい女扱いをされた」と誤解させてしまう行動には、どんなケースがあるでしょうか? そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「女性に『私って、都合のいいように利用されているだけ?』と誤解される行動8パターン」をご紹介します。

  • 【1】次の約束をせず、当日に突然「会いたい」と連絡する。

    「こっちの予定を考えてくれてないし、最悪『断られてもいい』と思ってそう」(20代女性)など、いつも突然デートに誘ってばかりだと、女性から「自己中心的な男」と思われるようです。サプライズ的な誘いは別として、事前に約束を取り付けた方がよいでしょう。

  • 【2】デートのときにいつも「その後の予定」を入れてある。

    「昼間からデートしてたのに、『夜は男友達と飲み会なんだ』とか言われると、時間つぶしに使われた気がする」(20代女性)など、デートの後に予定を入れるのはマナー違反と思われても仕方ありません。女性が帰路へ着くのを見送るまでが男性の務めといえるでしょう。

  • 【3】深夜0時過ぎに「暇なんだけど会えない?」などと連絡する。

    「常識がなさすぎ。こっちまで暇人扱いされてるのも腹が立つ」(20代女性)など、深夜や早朝など非常識な時間帯の一方的な「会いたい」という連絡は、わがままを超えて単なる迷惑です。女性を軽く見ていると思われても仕方がないでしょう。

  • 【4】電話をするときに、大体酔っている。

    「人恋しいときだけ連絡してきてるのがバレバレ」(30代女性)という意見など、寂しさまぎれに酔った勢いで電話をしても、女性は対応に困ってしまいます。電話するときにいつも酔っているようでは、女性からの信頼を得ることはできないでしょう。

  • 【5】「会いたいから来て」と女性を呼びつける。

    「自分から会いに来るのは面倒なくせに、こっちを動かそうとしないで欲しい」(10代女性)など、「自己中男」の典型的なパターンとして多く集まった意見です。会いたいならキチンとデートに誘うのが筋というもの。自分勝手に女性を呼びつけるのは控えた方がよいでしょう。

  • 【6】付き合ってもいないのに、やたらとスキンシップをする。

    「飲みに行った席とかで気軽にベタベタ触られると、体よく遊ばれている気分になる」(20代女性)という意見のように、正式に付き合ってもいない女性に過剰なスキンシップを求めるのは、男性として不誠実な行動です。「親しき仲にも礼儀あり」を忘れてはいけないでしょう。

  • 【7】自分の部屋の片づけや、料理などを女性に頼む。

    「私はあなたの家政婦じゃないんですけど!」(20代女性)など、たとえ付き合っている彼女であっても、面倒な家事などを無理やりお願いするのは非常識です。女性が自ら申し出てくれた場合は別として、自分から頼むのは慎むべきでしょう。

  • 【8】「またみんなで飲み会しようよ」など、やたらと合コンをねだる。

    「私が連れてくる他の女の子に興味があるだけなのね、と感じて強烈に冷める」(20代女性)など、合コンの申し出は、幹事の女性にとってもメリットがある形で提案するのがマナー。都合よく女性を利用するような言動は、女性の不信感を招く原因となるでしょう。

ほかにも、「女性に「私って、都合のいいように利用されているだけ?」と誤解される行動」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock