突然、「私のどこが好き?」と聞かれたときのとっさの一言9パターン


彼女から突如くり出される「私のどこが好き?」という質問。突然のことにしどろもどろになってしまうと、それまでのムードが一変、険悪な雰囲気になってしまう可能性もあります。そこでスゴレン男性読者から寄せられた「突然、『私のどこが好き?』と聞かれたときのとっさの一言」でうまく切り抜けられるよう普段から答えを準備しておきましょう。

  • 【1】「言い始めたらキリがないよ」と一言で片付けられない問題にする。

    「全部挙げだしたら1時間じゃ終わらないな、などと言う」(20代男性)というように、一言で言い切れないほど好きなポイントがたくさんあると返すパターンです。ただし「じゃあ、言い終わるまで付き合うから全部教えて」という女性もいるので深みにハマらないよう、素早く話題を変えた方が賢明でしょう。

  • 【2】「いっぱいあるけど、まずは優しいところかな」と言いながら次に挙げるポイントを考える。

    「大切なのはいっぱいあるってところ」(10代男性)というように、好きな箇所がたくさんあることを匂わせながら、まずはジャブで返すパターンです。当然のように話は続くので、話しながら次の好きなポイントを考える器用さが求められます。

  • 【3】「ええー、恥ずかしいよー」とシャイなふりをして切り抜ける。

    「思いつかないのを『言わせんなよ、恥ずかしい』ということにしてます」(20代男性)というように、照れ屋さんだから答えられないと返すパターンです。ただし普段から彼女に対して好き好きアピールをしている男性には無理な手法ですのでご注意ください。

  • 【4】「言葉にはできないよ」と生半可な感情ではないことをアピールする。

    「実際口ベタなので下手に好きなポイントを挙げていくと誤解を生む」(20代男性)という理由で、言葉にできないほどの感情であると返すパターンです。これも普段から話し好きだったり、理路整然とした会話をする男性は使えないいいわけですのでご注意ください。

  • 【5】「笑顔」と直後に女性が笑顔にならざるをえなくする。

    「そう言えば絶対に険悪なムードにはならないから」(30代男性)というように、直後にそのキャラにならざるをえなくなる返しをするパターンです。他にも「いつも明るいところ」「前向きなところ」「優しいところ」などのポイントも有効でしょう。

  • 【6】「俺は○○(彼女の名前)フェチだから」とファンに徹する。

    「全部と答えるのは簡単だから怒られやすい。それにプラスして相手のことを絶対的に支持してるということにすれば納得してくれる」(20代男性)というように、彼氏という存在の前に彼女のファンであると返すパターンです。「○○マニア」「○○ストーカー」などの表現も有効でしょう。

  • 【7】「どこにいても一緒にいてくれる、俺想いなところかな」と相手の好意ありきで答える。

    「これは冷静にとらえると『俺のことが好きじゃないお前は…』ってことなんだけどね(笑)」(10代男性)というように、まず相手の好意ありきの恋愛関係であると返すパターンです。「じゃあ、私があなたを嫌いになったら嫌いなの?」と回答の真意に気づかれてしまう可能性もありますのでご注意ください。

  • 【8】「『私のどこが好き?』とか言っちゃう可愛いところ」と煙に巻く。

    「ほとんどとんちですよね」(20代男性)というように、相手を煙に巻くような答えで茶化すパターンです。しかし使えるのは一度だけですので、以降はよりとんちの利いた回答を考えておく必要があるかも知れません。

  • 【9】「どの要素が欠けてもお前じゃなくなるから、全部」と結局「全部」にする。

    「ポイントを細かく挙げると『そうじゃなくなったら嫌いになるんでしょ』とすねるので、もう組み合わせということにした方が無難」(20代男性)というように、全ての点を総合して好きだと返すパターンです。最後に「お前という存在の奇跡に感謝してる」と付け加えると完璧です。

他に、「突然、『私のどこが好き?』と聞かれたときのとっさの一言」にはどんなものがあると思いますか。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock