女性が男性を「頼もしい!」と思う瞬間9パターン


気になる女の子の前では、「頼もしい!」と思われ、好感度をアップさせたいもの。では一体、女の子はどのような瞬間に「頼もしい!」と思うのでしょうか。そこで今回は、みなさんの魅力をアピールして頂けるように「女性が男性を『頼もしい!』と思う瞬間9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】重い荷物を持ってくれた瞬間

    「力仕事は俺に任せろ!」と言わんばかりに、重い荷物を率先して持ってあげましょう。

  • 【2】鋼のような肉体を見た瞬間

    お風呂上がりなど、上半身を見せるチャンスがあれば、アピールしましょう。ただし、女性に「頼もしい!」と思わせるくらい、肉体を鍛え上げる必要があります。

  • 【3】高いところにあるものを取ってくれた瞬間

    背の低い女性に対して、有効な方法です。背の高さを利用して、男らしさをアピールしましょう。

  • 【4】お姫様だっこをしてくれた瞬間

    お姫様だっこは、女性にとって特別なもののようです。軽々とこなしたいものです。ただし、体重の発覚を恐れ、嫌がる女性もいるので注意しましょう。恋人以外にはやらない方が賢明でしょう。

  • 【5】手際よく料理してくれた瞬間

    ホームパーティーなどのイベントにおいて、料理の手際の良さをアピールしましょう。言葉で語るのではなく、女性に感じさせることが大切です。

  • 【6】自転車を5台くらい倒したとき、何も言わず直してくれた瞬間

    駅前で女性が倒れた自転車を前に困っていたら、率先して助けてあげましょう。黙々と自転車を直す姿に、女性は頼もしさを感じるのです。

  • 【7】車のトラブルに動じることなく、対処した瞬間

    トラブルが発生したときの対応によって、頼もしさをアピールすることが可能です。特に、タイヤ交換など、ちょっと珍しい作業は、アピール効果抜群でしょう。

  • 【8】ゴキブリを退治してくれた瞬間

    持ち前の反射神経を活用して、瞬時に仕留めましょう。ためらうことのない振る舞いが、「頼もしさ」を演出します。

  • 【9】固いビンのふたを開けてくれた瞬間

    どんなに固かったとしても、力を入れている素振りを見せず、あたかも簡単に開けたようにクールに振る舞いましょう。

他にはどのような瞬間に、女性は「頼もしい!」と感じるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock