デート中、花粉症でつらそうな女の子への気遣い9パターン


花粉症の女の子とデートするときには、どんな気遣いが喜ばれるのでしょうか。今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、デート中にどんな気遣いをされたら嬉しいと感じるのか聞いてみました。

  • 【1】「気にせず鼻をかんでいいからね。」とデート前に言っておく。

    「『気にしないで』と言ってくれると助かる。」(20代女性)のように、鼻水が出たときの心配をしなくてすむので嬉しいという女の子もいます。デート前に言っておけば、女の子も花粉症を気にせず楽しめるでしょう。

  • 【2】「花粉症って、本当につらいよね?。」と同情する。

    「気持ちを分かってくれるだけで、癒される。」(20代女性)のように、つらさに共感してくれるだけでも嬉しいという女の子もいます。つらそうにしていたら、「大丈夫?」など、すかさず声をかけてあげるといいでしょう。

  • 【3】部屋やクルマの窓が開いていたら閉めるなど、花粉をシャットアウトする。

    「その行動から気遣いが伝わってくる。」(20代女性)のように、花粉をシャットアウトしようとする行動にやさしさを感じる女の子もいます。部屋やクルマに入ってすぐ窓を閉めれば、女の子が花粉に悩まされる心配も軽減できるでしょう。

  • 【4】「外は花粉が舞っているから、室内デートにしようか。」と提案し、花粉が飛んでこないところでデートする。

    「ちゃんと考えてくれているなーって思います。」(20代女性)のように、室内デートを提案され、男性の気遣いを感じる女の子もいます。花粉予報などを見て、花粉の飛散が激しそうなときは、室内デートを提案すると喜ばれるでしょう。

  • 【5】「くしゃみ、カワイイね!」など、くしゃみが出たときは、あえて褒める。

    「くしゃみがカワイイと褒められたとき、初めて花粉症に感謝しました(笑)。」(10代女性)のように、くしゃみや鼻声をカワイイと褒められて嬉しかったという女の子もいます。褒められた女の子は花粉症のことを気にせずデートを楽しめるでしょう。

  • 【6】女の子が鼻をかむときは、視線をそらすようにする。

    「見て見ぬフリがありがたいです。」(30代女性)のように、何も見なかったかのような対応をしてくれると助かるという女の子もいます。女の子が鼻をかむときなどは携帯を見るフリをするなどして、視線をそらすといいでしょう。

  • 【7】お手洗いに行く回数を増やして、女の子が思いっきり鼻をかめるようにする。

    「お手洗いに行きたいって言いづらいので助かる。」(10代女性)のように、お手洗いに行く回数を増やせば、女の子も思いっきり鼻をかむことができます。デートコースのどこにトイレがあるか把握しておくとよりいいかもしれません。

  • 【8】女の子の鼻が赤くならないように、柔らかいティッシュをたくさん用意しておく。

    「ティッシュだけでも嬉しいけど、柔らかいタイプだと神様に見える(笑)。」(20代女性)のように、柔らかいティッシュをくれると嬉しいという女の子もいます。女の子に手渡せるように、ポケットサイズのものを用意するといいでしょう。

  • 【9】「花粉症の症状を和らげる紅茶」など、花粉症対策メニューを置いているお店に行く。

    「『すごく心配してくれている!』と思って好きになりそう。」(20代女性)のように、花粉症対策メニューを置いているお店に案内されたら嬉しいという女の子もいます。デートコースに花粉症対策のお店を内緒で盛り込めば、女の子にとって嬉しいサプライズになるかもしれません。

他にはどんな「デート中、花粉症でつらそうな女の子への気遣い」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock