飲食店で注文するとき、女性が「一緒にいて恥ずかしい」と思う行動9パターン


カフェでお茶、レストランで食事など、女性とのデートには飲食店がつきものですが、注文の際におかしな行動をとってしまうと、女性に恥ずかしい思いをさせてしまうようです。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「飲食店で注文するとき、女性が『一緒にいて恥ずかしい』と思う行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】店員を「おい!」と呼ぶなど、やたらと横柄な態度をとる。

    「お客様は神様とか、客が思うのは勘違いでしょ。大声もうるさくて周りに迷惑」(20代女性)など、店員への配慮に欠ける態度や言葉づかいは、女性に不快感を与えてしまいます。最低限の礼儀を守って、穏やかに注文するのがマナーでしょう。

  • 【2】値段ばかり気にして、なかなかオーダーが決まらない。

    「決断力がなくてケチくさい。そういう人に限っていつも割り勘」(20代女性)など、グダグダと優柔不断な態度は女性に引かれる原因のようです。デートのときくらい、ケチケチせず女性に喜ばれることを重視したいものです。

  • 【3】呼び出しボタンを連打する。

    「どれだけ自己中なの?と思う」(10代女性)など、自分の都合だけでせわしなく店員さんを呼びつけるのは、常識的な行動とはいえないようです。一度ボタンを押したら、女性とゆったり会話しながら待っていましょう。

  • 【4】店員の前で「ワインに詳しい」などの博識さを過剰にアピールする。

    「メニューに載ってない専門的な注文をしたりとか、キザな感じがサムい」(20代女性)など、知識をひけらかすような態度は女性もお店も困らせてしまうようです。難しい注文をするならば、さりげなく対応してもらえる店に限るとよいでしょう。

  • 【5】「○○と○○抜きで」など好き嫌いの多いオーダーをする。

    「○○抜き」に対応してくれるお店は多いものの、「子供じゃないんだから!」(10代女性)という意見のように、「わがままな男性」という印象を与える可能性があるようです。苦手なものが入っていない料理を注文した方がよいでしょう。

  • 【6】簡単な漢字や英語のメニューを堂々と読み間違える。

    「知ったかぶりしている雰囲気が恥ずかしい」(10代女性)という意見のように、常識的なメニューの読み間違えは、女性もフォローしづらいようです。素直に「これなんて読むの?」とあらかじめ女性に聞く方が印象はいいでしょう。

  • 【7】店員を呼ぶなどのアクションをすべて彼女に任せようとする。

    「私は召使いじゃないし、男なら注文くらいパパッとしてほしい」(20代女性)など、注文を女性に任せる行動は、女性から「なんで?」と疑問をもたれるようです。デートの際は、女性が楽しく食事ができるようにリードするのが男性の役割と考えたいものです。

  • 【8】クーポン券をやたらと大量に使おうとする。

    「悪いことじゃないけど…なんか小さい人だなって思う」(10代女性)など、デートの際に「割引」ばかりを重視する態度は、女性からよく思われないようです。どうしても使うなら、女性がトイレに立った際に店員に手渡すなど、スマートな使い方をしましょう。

  • 【9】オーダー違いなどのミスに過剰なクレームをつける。

    「普通に言えば十分なのに、目立って恥ずかしいのはこっち」(30代女性)など、強硬な態度でクレームをつける行動は、女性に恥をかかせてしまうようです。怒りにまかせて騒ぎを大きくせず、冷静に対処しましょう。

ほかにも、「飲食店で注文するとき、女性が『一緒にいて恥ずかしい』と思う行動」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock