風邪をひいている女の子を元気づけるLINE9パターン


気になる女の子が風邪をひいて休んでいると知ったとき、どんなLINEを送ったらいいか迷いませんか?そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者のみなさんに聞いた意見を参考に、「風邪をひいている女の子を元気づけるLINE」をご紹介します。

  • 【1】「大丈夫?」と相手を心配するシンプルなLINE

    「シンプルだからこそ気持ちが伝わってくる」(20代女性)というように、元気づけることが目的のLINEに飾った言葉はいらないという女の子は多いようです。体調が悪いときはやりとりが続くのも負担になるので、一言送ったらあとは静かに見守ってあげましょう。

  • 【2】「いつも無理し過ぎなんだよ…」と普段の頑張りをねぎらうLINE

    「いつも見てくれていたんだなぁって感激する」(20代女性)というように、普段からよく観察していないと分からないことが盛り込まれた文面に感激する女の子もいます。会社の同僚やバイト仲間の女の子に送るのにピッタリかもしれません。

  • 【3】「風邪が治ったら、食事にいこうね」とデートに誘うLINE

    「早く治さなきゃと気力がわいてきます」(20代女性)というように、目の前に何かイベントをちらつかせて、それを励みにしてもらうのもよさそうです。相手のテンションがあがるような楽しいプランを考えましょう。

  • 【4】「ちゃんと薬飲んで寝ろよ」と命令口調だけど優しさがにじむLINE

    「少し上から目線の励ましにキュンとした」(20代女性)というように、弱っているときに、命令口調だけど優しいLINEをもらい、キュンとする女の子は多いようです。「ぶっきらぼう」「無愛想」と言われがちな人が使うと、より優しく感じられるでしょう。

  • 【5】「早く学校(会社)に来てね!待ってるよ」と会いたい気持ちを伝えるLINE

    「『待ってるよ』の言葉にキュンとする!」(10代女性)というように、自分が必要とされていることが感じられる言葉に元気づけられる女の子もいます。クラスメイトや会社の同僚など、毎日会う相手に告げるのであれば、自然なフレーズでしょう。

  • 【6】「寂しくなったら、いつでも連絡しておいで」と女の子の寂しさを紛らわせるLINE

    「風邪をひいて孤独なときに、これほど嬉しいLINEはない」(20代女性)というように、病気のとき特有の「心細さ」をフォローするようなメッセージを送ってあげるのもよさそうです。気持ちが温かくなるようなスタンプや動物写真を添えてもいいでしょう。

  • 【7】「差し入れ持っていくよ」と一人暮らしの女の子を気遣うLINE

    「外に出られないので、ホントありがたい」(20代女性)というように、特に一人暮らしの女の子にとって、差し入れは嬉しいもののようです。ただし、髪も肌もボロボロの状態で誰かと顔を合わせるのは気が進まないかもしれないので、「玄関外に置いていく」などの配慮は必要でしょう。

  • 【8】「はちみつは殺菌効果があって喉にいいよ」など、風邪の豆知識が書かれたLINE

    「気にしてくれてるって分かるし、物知りなんだなぁと感心する」(10代女性)というように、風邪に効く豆知識をさくっと教えるのも、感謝されるようです。調子に乗って知識をひけらかすと、ウザいと思われてしまうので、加減はわきまえましょう。

  • 【9】「俺が代わってやれたらなぁ…」と風邪の苦しさを心から思いやるLINE

    「私を守りたいって言ってくれている感じがする…」(20代女性)というように、「代わってやれたら」の言葉から、自分を犠牲にしても守りたいと思ってくれているんだと汲み取る女の子もいます。すでにいい雰囲気になっているような相手なら、ここまで踏み込んだ言い回しもアリかもしれません。

ほかにはどんな「風邪をひいている女の子を元気づけるLINE」があると思いますか?みなさんのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock