付き合いたての彼氏に対して彼女が感じるストレス9パターン


付き合いはじめは一番楽しい時期だといっても過言ではありません。でも、意思の疎通がまだうまくいかず、ちょっとしたことがストレスにつながることも…。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「付き合いたての彼氏に対して彼女が感じるストレス」をご紹介します。

  • 【1】部屋に残る写真や荷物など「元カノの影」

    「元カノのモノを捨てない意味がわからない。でも、わざわざ言うと嫉妬深い女みたいでイヤ」(20代女性)と、複雑な女心があるようです。大好きな彼女にイヤな思いをさせないためにも、終わった恋の思い出の品は積極的に処分したほうがいいでしょう。

  • 【2】カッコつけようとしていることが見え見えの「武勇伝」

    「武勇伝を嬉々として話されるとイタい」(20代女性)というように、大げさな自慢は女性を白けさせてしまうことがあるようです。彼女にいいところを見せたいなら、実際に行動に移すこと。過去の武勇伝は控えたほうがいいでしょう。

  • 【3】デートのたびに意識せざるを得ない「金銭感覚のズレ」

    「浪費家もドケチも付き合いづらい」(20代女性)などのご意見が。付き合っていれば必ずお金の問題は付きまといます。金銭感覚のすり合わせのためにも、まずは彼女のお金の使い方をよく観察してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】人前でキスをするなど、慣れない「スキンシップ」

    「あまりにスキンシップが大胆だと引いてしまう」(20代女性)というように、スキンシップのOKラインは人によって大きく感覚が異なるもの。彼女が求めてこないかぎり、人前でのスキンシップは慎んだほうがいいでしょう。

  • 【5】電話やメールの頻度で感じる「恋愛の温度差」

    「電話やメールの回数が少ないと、好かれていないのかと不安になる」(20代女性)というように、連絡頻度は女性にとって好意を示すバロメーターになるようです。特に、付き合ってから頻度が減ると「飽きられた?」と不安に思う女性も多いので、それまで以上にマメな連絡を心がけましょう。

  • 【6】生活リズムの違いによる「すれ違い」

    「彼はひどい夜型人間。付き合っていられません!!」(20代女性)という訴えも。生活リズムがあまりに違うと、デートも連絡もままならず、彼女にストレスを与えてしまうようです。仕事であれば仕方がありませんが、彼女と休日を合わせるなど、歩み寄る努力が必要でしょう。

  • 【7】何でも彼女に合わせようという「過剰な遠慮」

    「すごく遠慮されたり、どんなことにも『何でもいいよ』と言われると楽しくない」(20代女性)というように、気遣いが彼女にバレバレだと、逆に不愉快な思いをさせてしまうこともあるようです。すべてを譲るのではなく、ときには本音も言ったほうがバランスが取れるでしょう。

  • 【8】手もつながないほどの「消極的な態度」

    「せっかく付き合ってるんだから、あんまりスキンシップがないのも…」(20代女性)というご意見多数。女性からはあまり積極的な態度をとりづらいものなので、男性が積極的にリードしてあげたほうがよさそうです。ときには積極的に手をつなぐことで、頼りがいがあると思ってもらえるかもしれません。

  • 【9】恋愛関係になったことで生じる「激しい束縛」

    「一日の行動や友達関係にまで口出しされるとちょっと…」(20代女性)というように、束縛も度が過ぎると嫌われる原因にも。ただし、多少の束縛は恋心を盛り上げることがあるので、冗談交じりにやきもちを焼く程度のパフォーマンスでバランスを取るといいでしょう。

ほかにも「こんな行動が彼女のストレスに!」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock