女の子が恋愛対象外だった男性に惚れてしまう瞬間9パターン


女の子に異性として意識されていないと気軽な付き合いができるものですが、その女の子を好きになってしまうこともあるでしょう。その場合、どうすれば女の子に異性として意識してもらえるでしょうか? そこで今回は、女の子が恋愛対象外だった男性に惚れてしまう瞬間をご紹介します。

  • 【1】お年寄り、子どもに優しくする場面を見たとき

    「そういう一面があるのかと感心した」(20代女性)という意見があるように、女の子は子どもやお年寄りに対して優しい男性にグッとくるようです。人前で手助けをするのを恥ずかしがる人もいるでしょうが、そこはむしろ積極的に優しさをアピールした方が女の子の好感度は上がりそうです。

  • 【2】悩んでいたら、真剣に相談に乗ってくれたとき

    「素直に甘えられる存在がまわりにいなかったので、とても嬉しかった」(20代女性)というように、悩める女の子を支えてあげると、男性への見方が変わるようです。聞き上手な人は、自分が頼れる存在であることをアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【3】大変な状況を察してくれたとき

    女の子は頼りがいのある男性を好む傾向にあるようなので、女の子が困っているとき、それにすぐに気づける男性は恋愛対象として見られやすそうです。日ごろから女の子がどんなことで悩んでいるかを知っておくと、いざというときに対応しやすいでしょう。

  • 【4】急にオシャレに目覚めて、カッコよくなったとき

    「素材はいいんだけど、惜しいな…」と思われている男性は、少しあか抜けると女の子の心をグッと引き寄せられるようです。オシャレな友達に相談するなど、自分の格好を見つめ直してはいかがでしょうか。

  • 【5】笑顔や寝顔が子どものようにかわいかったとき

    「そのギャップに萌える(笑)」という意見があるように、かわいい表情を見て、無条件に好感を抱く女の子もいるようです。笑顔を見せる場合は、クールに笑うより、ニッコリ笑った方が好感をもたれるでしょう。

  • 【6】めったにホメない人が、かわいいと言ってくれたとき

    「社交辞令でもつい嬉しくなってしまう」(20代女性)という意見があるように、意外な相手からホメられることで女の子はキュンとするようです。いきなり本人をホメるのが恥ずかしいという人は、まずはバッグや服装などファッションからホメてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】実はカラオケがすごくウマかったとき

    「声が想像以上にかっこよかった! 普段の声と歌声のギャップにキュンときました」(10代女性)というような意見が多数集まりました。歌のウマさは女の子に対する大きなアピールになるようです。自分が得意な曲を練習してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】自分のことを真剣に怒ってくれたとき

    「人のことを本気で考えている姿勢に感動した」(20代女性)という意見があるように、女の子は自分のことを真剣に考えてくれる男性に特別な感情を抱くようです。女の子からの些細な相談事であっても、親身になって考える時間を取ってはみてはいかがでしょうか。

  • 【9】いつもはだらしない人が、リーダーシップを発揮していたとき

    リーダーシップの高い男性に惹かれる女の子もいるようで、それが普段だらしなさそうな男性だと、そのギャップにキュンとするようです。普段はおっとりタイプにもかかわらず、スポーツではリーダーシップを発揮する人などは、そこを積極的にアピールしてみましょう。

ギャップに気づいてもらうことは女の子の恋愛対象となるチャンスのひとつのようです。皆さんは突然、恋愛対象として見られ始めたという経験はありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock