「優しすぎて物足りない男!」と女の子がゲンナリする瞬間9パターン


恋愛において、女性が求める「優しさ」は非常に解釈が難しい要素かもしれません。優しさが足りないと見向きもされませんが、気を使い過ぎてもブーイングを浴びるのがやっかいなところです…。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「『優しすぎて物足りない男!』と女の子がゲンナリする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】どんなワガママな要求でも応えてくれるとき

    「甘やかされているだけな気がしてくる」(10代女性)など、どんな要求でも通ってしまうことで、人間関係に刺激を感じなくなる女性もいるようです。理不尽なワガママは断りつつ、冷静に倫理を教えるなど、ときには「厳しい優しさ」を表現したいところです。

  • 【2】ケンカのときに、まったく反論してこないとき

    「ケンカしても消化不良のまま終わる」(20代女性)など、男性が腹を割って話していないことで女性のストレスが溜まってしまうようです。ケンカのときは「黙って耐える」だけではなく、女性の様子を見ながら自分の本音を話した方が、お互いの距離が縮まることもあるはずです。

  • 【3】誰にでも優しくして、特別扱いしてくれないとき

    「他の子と同じ扱いをされてもドキッとしない」(10代女性)など、彼氏の優しさを独占したいと願う女性もいるようです。ただし、みんなの前だけで特別扱いした場合、周囲もドン引く恐れがありますので、二人だけの時間に特別扱いをしてあげると良いでしょう。

  • 【4】ささいなことで、すぐに謝るとき

    「すぐに謝る男は弱すぎ!」(20代女性)など、ペコペコ謝ることで「自分に自信がない=頼りない男」だと思われてしまうようです。雨が降っただけで「寒い思いをさせてごめんね」と言うなど、自分に非がないことで謝るのは控えましょう。

  • 【5】震度1の地震でしつこく「大丈夫?」と電話するなど、過保護なとき

    「優しさがうっとうしいと思うときがある」(10代女性)など、大切にされすぎると息苦しく感じることがあるようです。心配しすぎると相手にプレッシャーを与える可能性もあるので、同じことで何度も「大丈夫?」と聞き直さないようにしましょう。

  • 【6】何回もデートを重ねているのに、距離を縮めてこないとき

    「手を繋ぐとか、積極的な一面を見せてほしい」(10代女性)など、大切にしているつもりでも、手を出してこない男性に物足りなさを感じる女性もいるようです。ある程度デートを重ねて信頼を得たら、思い切って自分から手を繋いでみましょう。

  • 【7】デートの行き先など、自分の意見を言わないとき

    「何でも合わせてくれるだけでは面白くない」(20代女性)など、受け身オンリーの姿勢では張り合いがないと思われてしまうようです。行き先を複数挙げて選ばせるなど、女の子の意志を尊重しつつ積極性も見せてあげると良いでしょう。

  • 【8】明らかに悪いことをしても怒らないとき

    「付き合っているとダメ女になってしまいそう」(20代女性)など、短所を指摘されないことに危機感を持つようです。約束を破ったり嘘をつかれたりするなど、女性が明らかに悪いことをしたときはビシッと怒る勇気も必要になるでしょう。

  • 【9】他の男性の話をしてもずっと笑顔で接してくれるとき

    「まったく嫉妬してくれないのは寂しい」(10代女性)など、男としての押しが弱いと思われてしまうようです。接し方が寛容すぎると好意が伝わらないこともあるので、ときには素直にヤキモチを焼いてみましょう。

他には、どんな瞬間に女の子は「優しすぎて物足りない男!」とゲンナリするのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock