聞いていてイラッとする彼氏の口癖9パターン


口癖は無意識に発してしまう言葉だけに、その人の本質を表しているとも考えられます。では、女性をイラつかせるような口癖とはどんなものなのでしょうか。そこで今回は、女性が「聞いていてイラッとする彼氏の口癖」をご紹介します。

  • 【1】やる気のなさを感じさせる「めんどくさい」

    「テンションが下がる。一緒にいることがめんどうだと言われているように感じる。」(20代女性)など、女性は交際自体のモチベーションまで疑ってしまうようです。気分がのらないことがあっても、心の中に留めるようにしましょう。

  • 【2】意思がはっきりしない「なんでもいい」

    「関心のなさが伝わるうえに、はっきりしないのでイラッとします。」(10代女性)といったように、女性はこの言葉に寛容さよりも無関心さを感じるようです。「どうしようかな」などと考える姿勢だけでも見せるようにしましょう。

  • 【3】やる気をなくさせるような「疲れた」

    「こっちだって疲れているのに。会うんじゃなかったと思う。」(20代女性)といったように、「疲れた」は女性のテンションを無闇に下げてしまうようです。「でも一緒にいると元気になれる!」など、ポジティブなメッセージに転換しましょう。

  • 【4】マイナス思考の「どうせ…俺なんか…」

    「マイナス思考の人を相手にするのは疲れます。」(30代女性)など、自分を卑下する発言は女性の気持ちまで暗くさせてしまうようです。虚勢でも「大丈夫」と言うなど、多少の自信を示してみてはいかがでしょうか。

  • 【5】誠意のこもっていない「ごめん」

    「原因もわからず言っている感じにイラつく。」(10代女性)など、反射的に謝る癖は女性に誠意を感じさせないようです。少なくとも何に関しての謝罪なのかなど、理由を明確にした上で謝った方がいいでしょう。

  • 【6】何を言っても否定された気分になる「でも」

    「すぐ否定から入る感じに、話す気をなくします。」(10代女性)など、「でも」は女性の発言に対する否定ととられてしまうようです。まずは女性の話に共感を示すような「そうだね」といった言葉を用いるといいでしょう。

  • 【7】人をバカにしたような「で?」

    「ちゃんと話を聞いていない気がする。感じが悪い。」(20代女性)といったように、女性に不快感を与えてしまうようです。どんな内容であっても、女性の話を茶化したりせずにしっかりと耳を傾けましょう。

  • 【8】寂しい気持ちになる「お金がない」

    「仕方のないことを口にしないでほしい。気分が盛り下がる。」(20代女性)といったように、グチっぽい言葉はムードを大きく損ねるようです。お金を使わなくても楽しめる方法を提案するなど、状況を前向きにとらえる姿勢が大切でしょう。

  • 【9】とにかく失礼な呼び方の「お前」

    「名前があるんですけど! 何様かと思う。」(30代女性)など、とにかく女性は「お前」と呼ばれることが許せないようです。あだ名や「ちゃん」づけで呼ぶなど、女性が親しみを感じられる呼び方を心がけるようにしましょう。

不意に漏らしてしまった言葉にも、女性は敏感に反応しているようなので注意が必要です。皆さんは口癖が原因で女性を怒らせてしまったことはありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock