「別れの言葉」を彼女に言わせたときの一生記憶に残る悪印象9パターン


恋人に別れの言葉を切り出すのは非常に精神的負担があるもので、極力口にしたくないという人が多いでしょう。しかし、これを彼女に押し付ける男性はどんな印象を持たれるのでしょうか? 今回は「『別れの言葉』を彼女に言わせたときの一生記憶に残る悪印象9パターン」をご紹介します。

  • 【1】正々堂々としていなくて「卑怯な人」

    自分が気が引けるからといって相手に押し付けようとする考えが、女の子にとっては卑怯に映るようです。「予感をさせつつも正々堂々と対面で言ってほしい」(20代女性)というように、腹をくくって別れの言葉を口にする方が、女の子も納得できるのではないでしょうか。

  • 【2】イヤなことから逃げていて「責任感がない人」

    「責任逃れというか…肝っ玉のない人だと思う」(20代女性)というように、イヤなことから逃げ出す人と思う女の子もいるようです。やはり破局の場面でも、「別れを切り出すのも男の責任」と割り切ることが大切ではないでしょうか。

  • 【3】ツライことを女の子に押し付けて「女々しい人」

    男としての責任を果たせないことに、女々しさを感じる女の子もいるようです。どうしてもハッキリと言えない場合は、「徐々に連絡を少なくしてほしい」(10代女性)というように、態度で示すのもひとつの方法でしょう。

  • 【4】優柔不断と感じて「イライラする人」

    別れるのか別れないのか分からない曖昧な態度が、女の子をイライラさせるようです。「はっきりしてほしい」(20代女性)、「ストレートに言ってほしい」(20代女性)というように、何かしらの決意を示すことが重要でしょう。

  • 【5】きちんと理由を説明しようとせず、「思いやりがない人」

    男性が自分の本心をハッキリと告げないことに、不誠実さを感じる女の子もいるようです。「取り繕ったり、きれいにまとめようとしないでほしい」(20代女性)というように、正直な気持ちのみを打ち明けた方が女の子は納得しやすいのかもしれません。

  • 【6】自分の非を認めない「プライドが高い人」

    自分の非をまったく認めない人と思われるケースもあるようです。別れの原因は様々ですが、多少なりとも自分にも非がある場合は、「申し訳ないけど、これ以上男女の関係は続けられそうにないと思う」というような切り出し方をするのが、大人の対応といえそうです。

  • 【7】人のせいにすれば何とかなると考える「幼稚な人」

    「自分で関係を終わらせるのは面倒なので、彼女のせいにして彼女にすべてやってもらおう…」。こんな風に考えている人と思われるケースもあるようです。これでは幼稚な人と思われてしまうので、「素直な感情をごまかさず述べたら納得」(20代女性)というように、とにかく本音を伝えることが大事でしょう。

  • 【8】争い事を避けることばかり考える「悪者になりたくないだけの人」

    「こんな考えを持っていたと知った瞬間、冷める」(20代女性)というように、彼女のことをまったく考えてない人に映るようです。彼女のためを思って争い事を避けているという意見もありそうですが、別れ際において中途半端な優しさは逆効果になる可能性が高いでしょう。

  • 【9】自分で責任を取れない「他力本願の人」

    自分では何もできない男性と思われることもあるようです。自分が原因で冷めてしまった関係を彼女に終わらせてもらうのは責任感がなさ過ぎです。せめて彼女に対する最後の誠意として、すべてを正直に話し、別れを切り出しましょう。

すべてに通して言えることは、責任感のない男性に思われてしまうということでしょうが、皆さんはどう感じましたか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock