彼女に「冷たくなった」と思れわる態度9パターン


突然、彼女から「最近、冷たいね。」と言われ、ビックリしたことのある男性もいるのではないでしょうか。冷たくしているつもりはなくても些細な言動によって、彼女が「冷たくなった」と感じる可能性があります。では、どのような態度が「冷たくなった」と感じさせるのでしょうか。今回は、「彼女に『冷たくなった』と思れわる態度9パターン」を紹介いたします。

  • 【1】メールの回数が減った。

    以前に比べ、メールの回数は減っていませんか?メールの回数が多くなれば親近感は増すものです。自分からメールを送ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】メールの内容はシンプル。しかも、彼女に対する質問がない。

    「うん。」「そーなんだ。」など短文で返信した場合、彼女のテンションが下がってしまうでしょう。また、「大変だった?」「忙しかった?」など質問をしなかったら、「私に興味がない。」と思われる可能性もあります。

  • 【3】電話をかけ直さない

    彼女から電話をもらったのにかけ直さないことで、「自分を気にしてくれていない」「優先してくれていない」と思い、彼女は落ち込みます。

  • 【4】予定を聞かなくなった。

    彼女の予定を聞かないことで、「デートしたくないのかな?」という不安を与えます。

  • 【5】笑顔で話をしない。

    笑顔を見せることで、彼女も笑顔になります。笑顔がなければ、関係も冷えていきます。

  • 【6】彼女が病気なのに心配しない。

    病気のときは心細くなるもの。彼女を心配し、看病してあげましょう。

  • 【7】「かわいいね。」と言わなくなった。

    「かわいいね。」と言えば言うほど、女の子はかわいくなります。

  • 【8】「好き。」と言わなくなった。

    「好き?」と聞かれる前に、自分から言ってあげましょう。

  • 【9】「忙しい。」というセリフが多くなった。

    忙しいことを理由に、彼女を忘れがちになることを「仕方ない」と考えていませんか。心を亡くすと書いて、「忙」という漢字になります。心をなくしてはなりません。

他には、どのような行動が、彼女に「冷たくなった」と思わせるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock