バレンタインデー直前に、チョコを催促するセリフ9パターン


バレンタインデーにもらえるチョコの数は、何歳になっても気になるものです。では、どんなアピールをすれば、チョコがもらいやすいのでしょうか。オトメスゴレン読者に聞いてみました。

  • 【1】「チョコちょうだい!」と、ストレートにねだる。

    「自分から渡すのは勇気が要るので、『ほしい!』と言われると渡しやすい」(20代女性)、「正直に言われるとあげたくなるし、かわいい」(10代女性)など、正直に催促されたほうがチョコを渡しやすいようです。ただし、催促をしすぎるとうっとうしく思う女性もいるので、注意しましょう。

  • 【2】「チョコ、もらってあげてもいいよ?」と、オレ様風に言う。

    「なんかかわいくて、あげたくなっちゃう!」(20代女性)、「ツンデレっぽくてかわいい」(20代女性)など、「オレ様効果』は高いようです。ただし、イラッとしてしまう女性もいるので、傲慢になりすぎないように気をつけましょう。

  • 【3】「絶対お返しするのにな?」と、お返しすることを約束する。

    「確実にお返しをしてくれるなら、義理でもあげてもいいかなと思う」(30代女性)、「お返し目当てってわけじゃないけど、くれるならあげちゃうかも…」(10代女性)など、ホワイトデーに見返りがあることがわかると、チョコをあげる気になる女性がいるようです。

  • 【4】「オレ、甘いもの大好きなんだよね!」と、遠まわしに願望をアピールする。

    「甘いものが好きなら、100%受け取ってくれそうだから安心して渡せる」(20代女性)、など、気兼ねなく渡せると思う女性が多いようです。お目当ての女性がいるなら、あまり言いすぎると誰にでも言っていると思われるので、ほどほどにしましょう。

  • 【5】「もちろん俺にもくれるんだよね(笑)?」と、若干テレながら催促する。

    「テレて無理した感じの催促がかわいくて、あげてもいいかなって思っちゃう(笑)」(20代女性)、「『なんであげなきゃなんないの!?』とか言いつつ、チョコは用意します」(10代女性)など、どんな形であれ、ほしいと言われると嬉しいようです。

  • 【6】「今年は誰からももらえないかもなぁ…」と、嘆く。

    「純粋にふびんに思って、義理チョコぐらいはあげます」(30代女性)など、『嘆き』は効果があるようです。ただし、あまり言いすぎるとわずらわしく思う女性もいるので、気をつけましょう。

  • 【7】「今年はひとつもチョコもらえそうにないんだよね」と、謙虚な感じで言う。

    「気がなくても、チロルチョコぐらいはあげますよ」(10代女性)、「コンビニチョコぐらいは用意してあげる」(20代女性)など、謙虚な雰囲気が女性の心をほだすようです。嘘はつかないようにしましょう。

  • 【8】「俺のチョコ、忘れないでくれよ!」と、冗談まじりに催促する。

    「ノリっぽく言われても、『言われたから作った』という口実になるから渡しやすい」(10代女性)など、冗談まじりの催促が女性の決断力を高めるようです。ただし、不快そうな表情で「ハァ?」などと女性に言われたら、すぐに引き下がりましょう。

  • 【9】「義理でも何でもいいから、ひとつぐらいはほしい!」と必死にお願いする。

    「必死すぎておもしろい! チョコあげますよ」(20代女性)、「かわいそうだから、同情のつもりであげます」(20代女性)など、同情票が集まりました。切羽詰ったら、言ってみても良いかもしれません。

「チョコがほしい!」という意思を、しっかり女性に示したほうが良いようですね。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock