第一印象で女性に好感を持たれる瞬間9パターン


第一印象は、恋愛においてかなり重要度の高いもの。一度ついたイメージは払拭するのが困難なので、最初に良い印象を与えたいものです。では、女性はどういう男性に、第一印象で好感を抱くのでしょうか? そこで今回は、「第一印象で女性に好感を持たれる瞬間」について調査してみました。

  • 【1】飲食店などの店員に対する接し方や態度が丁寧だったとき

    「横柄な態度をとる人は、一緒にいても気遣いができない人が多い気がする」(20代女性)など、店員など見知らぬ人への接し方で印象が決まることがあるようです。普段から最低限のマナーを守った接し方を心がけましょう。

  • 【2】自分の話ばかりではなく、人の話をちゃんと聞いていたとき

    「自分の話ばかりする人は、自己中心的な人が多いから嫌」(20代女性)などの意見があり、初対面のときは、相手の話をちゃんと聞くように心がけたほうが良さそうです。ただし、あまり聞き役に徹しすぎると、「つまらない人」と思われる可能性もあるので気をつけまししょう。

  • 【3】笑顔を絶やさず、目を見ながら話を聞いていたとき

    「目で相手の人柄がだいたいわかる気がする」(20代女性)、「笑顔が素敵だと好感が持てる」(10代女性)など、男性の目を見て第一印象を判断する女性が多いようです。目が泳いでいたり、暗い表情をしていたりすると魅力が半減することもありそうなので、気をつけたほうが良いでしょう。

  • 【4】呼ぶときに腕や肩を叩くなど、適度なボディタッチをしてきたとき

    「ちょっと肩を触るとかだと可愛らしさがあってイイ!」(30代女性)などの意見があり、自然なボディタッチに好印象を抱く女性がいるようです。あまり触りすぎると「この人、遊んでそう」などと思われる恐れがあるので気をつけましょう。

  • 【5】笑顔で見える歯がキレイだったとき

    「健康的な白い歯で、歯並びが整っていると好青年に見える」(20代女性)など、笑顔などからチラつく歯をチェックしている女性がいるようです。口臭などで印象が悪くなってしまうこともあるので、歯みがきや定期健診はしっかりやりましょう。

  • 【6】服装や髪型など、外見的な部分が整っていたとき

    「『人は見た目じゃない』と言いつつも、見た目に表れているものが内面を表していると思う」(30代女性)など、外見的な身だしなみから第一印象を判断している女性が多いようです。ファッションの好みは人それぞれですが、清潔感のある装いを心がけたほうが良いかもしれません。

  • 【7】言葉遣いやしゃべり方が丁寧だったとき

    「話し方って、人柄が表れますよね」(20代女性)、「言葉遣い・言葉の選び方で、相手の性格や知性がわかる」(30代女性)など、話し方を重要視している女性がいるようです。汚い言葉や、不用意な言葉は使わないように気をつけましょう。

  • 【8】携帯電話が鳴って、「出てもいい?」と尋ねてから電話に出たとき

    「ちゃんと聞いてから電話に出る人って、気遣いのできる人だと思う」(20代女性)など、些細な気配りから人柄を見きわめている女性がいるようです。話の途中で突然電話に出るのは感じが悪いので、一言声をかけると良いかもしれません。

  • 【9】ごはんの食べ方がキレイだったとき

    「どんなに感じのいい人でも、食事中音を立てて噛んだり、食べこぼしが激しかったりすると、一気に印象が悪くなります」(20代女性)など、食事マナーから第一印象を判断している女性がいるようです。最低限のマナーは守るように、気をつけましょう。

女性は些細なしぐさや態度、身だしなみから、男性の第一印象を決めていることが多いようです。他にはどのような振る舞いによって、初対面の女性に好印象を持たれるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock