「やっぱり彼女アリ?」と誤解されてしまう行動9パターン


気になる異性の行動は人一倍チェックしてしまうものですが、女の子は男性のどんな行動を見て彼女持ちかどうかを判断するのでしょうか? そこで今回は、女の子に「『やっぱり彼女アリ?』と誤解されてしまう行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ひんぱんにケータイをチェックしている

    「メールが多かったりすると、彼女かなと思います。」(30代女性)というように、こまめな連絡は彼女とのやり取りを想像させるようです。「いつも一緒にいる友達から、また飲みの誘いだ…」など、相手が男性であることを示せば、すぐに誤解は解けるでしょう。

  • 【2】ファッションセンスが良い

    「彼女さんに選んでもらってるんだな、と思う」(20代女性)という意見があるように、女性ウケしそうな着こなしが、彼女の存在を感じさせてしまうようです。従って、もともとファッション好きだとアピールすれば、女の子の自分に対する印象は変わるでしょう。

  • 【3】薬指に指輪をはめている

    「単純に彼女ができなければ身に着けないものだから」(30代女性)という意見があるように、指輪は恋人の存在を示す象徴として捉えられるようです。気になる女の子の前では、指輪を外しておく方が無難です。

  • 【4】ケータイにキャラクターものなどのストラップをつけている

    「プレゼントまたはペアかと思う」(10代男性)という意見があるように、お揃いでつけそうなアイテムを持っていると、女の子は彼女の存在を感じてしまうようです。「姪っ子からのプレゼントなんだ」など、身内からもらったということにすれば、妙な誤解を受けずにすみそうです。

  • 【5】女の子に対して、ガツガツとアプローチしない

    「恋人のいる男性は、振る舞いや会話や雰囲気に余裕を感じる」(20代女性)というように、決して女の子に媚びたりせず、いい意味の自信に満ち溢れている男性は、女の子に「きっと彼女がいるハズ…」と思われてしまうようです。

  • 【6】女の子に話を振るのがうまく、会話がしやすい

    「女の子を落ち込ませたり不快にさせたりしない言葉を自然と口にする様子に『慣れているなぁ』と感じます」(20代女性)というように、女の子が安心して話せる空気を作れる男性は彼女持ちと判断されるようです。

  • 【7】自分のことをあまり話したがらない

    「何か隠したいことがあるから、人の話ばかり聞いて自分のことを話さないんだと思う」(10代女性)というように、あまりにプライベートを隠しすぎると、彼女の存在を隠していると勘ぐられるようです。「僕なんて彼女もいないし、いつも同じ毎日だよ」など、フリーであることを示した方がいいでしょう。

  • 【8】「あそこは週末も空いていてオススメだよ」など、デートスポットに詳しい

    「彼女を喜ばせるためにリサーチしているのかと思うから」(20代女性)というように、決して男性同士では行かないと思われる場所に詳しいと、「彼女と行っているに決まっている!」と思われるようです。「友達がよくあそこを利用してるんだ」など、情報源を示せば誤解は解けるでしょう。

  • 【9】とても仲は良いのだけど、2人で飲みに行く誘いには応じない

    電話はよくするし、会えば仲良く話すのに、2人で飲みに行くのはNGとなると、「女友達と仲良くしすぎることを彼女に遠慮しているんだなぁ…」と思われることもあるようです。誤解を与えないためには、「飲み屋の雰囲気が苦手で…」など、女の子に理由を説明してあげることが必要でしょう。

皆さんはほかに男性のどんな行動に「やっぱり彼女アリ?」と思ったことがありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock