奥手な男性のLINEに対する女性からの改善要望9パターン


女の子とLINEでやりとりしていても、なかなか恋愛に発展しない人もいるのではないでしょうか。もしかしたら、自分の奥手な態度のLINEが、女の子をイライラさせているのかもしれません。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「奥手な男性のLINEに対する女性からの改善要望9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】自分からはっきりとデートに誘ってほしい。

    「『もう紅葉の季節ですよね』とか言ってくるくせに、自分からデートに誘わないのはズルい」(20代女性)など、男性からストレートにデートに誘ってほしいと思っているようです。女性から誘われるのを待つのではなく、話題を振った自分のほうから誘うと良いでしょう。

  • 【2】質問攻めしないで、素早く本題を切り出してほしい。

    「『やりとりを続けたい』ためだけに質問されるとウザい」(10代女性)など、LINEで何度も質問されるとイライラする女性もいるようです。本題がある場合はなるべく早く切り出し、質問したいことが多数あるときは電話をかけると良いでしょう。

  • 【3】感情がわかりにくいので、もっと絵文字を使ってほしい。

    「絵文字がないと感情が読めないから」(10代女性)など、絵文字を使わないと淡白な印象を与えてしまうようです。文章力に自信がない人ほど、感情表現の補足として笑顔などの絵文字を積極的に使えば、女性からもテンションの高い返信をもらえるでしょう。

  • 【4】存在感が薄いから、LINEを送る回数を増やしてほしい。

    「たまにしか連絡がこないと、存在を忘れそうになる」(20代女性)など、男性から積極的にLINEを送ってほしい女性もいるようです。既読スルーを繰り返されるなどネガティブな反応がない限りは、積極的に送ってみると良いでしょう。

  • 【5】「電話してもいい?」とわざわざLINEで聞かないでほしい。

    「さっさと電話をかけた方が手っ取り早いと思う」(20代女性)など、男なのに女々しいと思われてしまうようです。ただし、相手が仕事中の時間や、深夜の場合は突然電話をかけるよりもLINEで許可を得た方が良いかもしれません。

  • 【6】いつまでも丁寧な語尾を使わず、ラフな言葉遣いにしてほしい。

    「カタい言葉を使われると仲良くなれない」(20代女性)など、丁寧すぎる言葉遣いを続けると、女性との距離が縮まらないようです。女性の方がラフな言葉を使っているときは、少しずつ自分も合わせるようにすると仲良くなれるでしょう。

  • 【7】天気などの無難な話題ばかりでなく、自分から話題を振ってほしい。

    「話題をこちら任せにされている気分になる」(10代女性)など、男性が無難な話題のLINEしか送らないと女性は返信に困ることがあるようです。天気の話題を送るときは、「寒いから、鍋を食べたくない?」など、デートに繋がるような質問をすると良いでしょう。

  • 【8】こちらが出した話題に返事をするだけでなく、自分からも質問してほしい。

    「話を広げようと努力してほしい」(10代女性)など、男性のほうからも質問しないと会話のキャッチボールができないと思われることがあるようです。積極的に質問を返して、会話を広げてあげると良いでしょう。

  • 【9】意味の分からない顔文字や記号は控えてほしい。

    「意味のわからない顔文字はイタい」(30代女性)など、変化球の顔文字はスベッてると思われる可能性があります。女の子が使うような、カワイくてわかりやすい絵文字を使うようにしましょう。

他には、どんな奥手な男性のLINEを女性は改善してほしいと思っているのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock