寒い日のデートにおいて、女性が期待している気遣い9パターン


冬が深まってきたら、気温に応じて女性に対する気遣いもシフトチェンジさせたいところです。いつも以上に細やかな気遣いで、女性を温かい気持ちにさせてあげましょう。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケート調査の結果を参考にして、「寒い日のデートにおいて、女性が期待している気遣い9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】温かい飲み物を買ってくれる

    「私が寒そうにしていたのを、見ていてくれたんだと思う」(20代女性)など、さりげない優しさが身にしみるようです。たとえ、のどが渇いていなくてもホッカイロの役割を果たすので、女性の「寒い」というサインを見たら率先して温かい飲み物を買ってきてあげましょう。

  • 【2】車の中、デート先などあらゆる所で「寒くない?」と気遣ってくれる

    「女性として扱われている気分になる」(20代女性)など、レディーファーストのように受け取ってもらえるようです。デートの場所を移動するときなど、外気に触れる度に「寒くない?」と言えば、紳士だと思ってもらえるでしょう。

  • 【3】さりげなく風上にたってくれる

    「風上に立たされたら、寒いし肌は乾燥するし髪型は乱れるし、最悪」(10代女性)など、風上は女性の美しさを脅かすスポットのようです。寒い日のデートでは、防寒だけでなく風向きも意識して女性を守ってあげましょう。

  • 【4】車の中や飲食店で暖房が直接当たらないように気遣ってくれる

    「女性に対する配慮として忘れないでほしい」(30代女性)など、デートのマナーとして期待している女性もいるようです。車のエアコンの送風口の向きを変えたり、飲食店では席を代わってあげるなど、暖房の風が女性に直接当たらないように気遣ってあげましょう。

  • 【5】コートやマフラーなどのセンスを褒めてくれる

    「冬はコーディネートに悩むから見逃さないで欲しい」(20代女性)など、女性はデートのために頑張ったファッションを褒められたいと思っているようです。「冬にスカートは寒くないの?」など、単なる質問がダメ出しとして受け取られる恐れがあります。服装についてはストレートに褒めるようにしましょう。

  • 【6】ロングブーツを脱がなくても入れるお店を選んでくれる

    「ブーツを脱ぐのが面倒だし、蒸れた足をさらけ出すのも嫌だ」(20代女性)など、座敷タイプのお店に難色を示す女性もいるようです。座席のスタイルを事前に確認できないときは、靴を脱ぐ可能性が低い洋食レストランに連れていくのもひとつの手段です。

  • 【7】「お手洗いは大丈夫?」と聞いてくれる

    「デートの流れが分からないので、次はいつ行けるのか、気が気でない」(10代女性)など、トイレに行けるかどうか不安に思っている女性もいるようです。自分からは言いだせない女性もいるので、たとえ自分が行きたくなくても、相手に促してあげると良いでしょう。

  • 【8】ひざかけなどの防寒具を女性のために用意しておいてくれる

    「後部座席からひざかけを出して渡されるとたまらない」(10代女性)など、自分のために防寒具が用意してあることが嬉しいようです。自分は寒いと思わない日でも、万が一に備え、バッグのなかにマフラーなどを忍ばせておきたいところです。

  • 【9】手をつないで自分のポケットに手を入れる

    「愛を感じてテンションが上がる」(10代女性)など、カラダもキモチも温かくなれるようです。ただし、ポケットに紙クズなどが入っていると、女の子のテンションが下がる恐れがあります。事前にポケットの中をキレイにしておくと良いでしょう。

他には、女性は寒い日のデートでどんな気遣いを期待しているのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock