一目惚れしたことをそれとなく伝える一言9パターン


合コンや飲み会などで一目惚れをしたことがある人もいるのではないでしょうか。一目惚れをされた女性も悪い気はしないもの。その気持ちをうまく伝えれば女性との距離を縮めることができるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんの声を参考にしながら、「一目惚れしたことをそれとなく伝える一言」を集めてみました。

  • 【1】「やばい…なんか緊張してきた。」とドキドキしていることを伝える。

    「緊張した声を聞くと一目惚れかもと感じる。」(20代女性)のように、男性のソワソワした様子を見て、一目惚れをされたと感じるようです。素直に緊張していることを伝えれば、女性に自分の想いを意識させることができるでしょう。

  • 【2】「じっと見ちゃってすみません…。」と正直に見つめていたことを白状する。

    「ガン見されると、気に入られたのかなと思う。」(20代女性)のように、男性の強い視線から好意を感じ取るようです。黙ってジロジロ見るだけだと不審がられる恐れがあるので「見ちゃってすみません。」と白状した方がいいでしょう。

  • 【3】「かわいくて直視できません。」と冗談っぽく、カワイイと褒める。

    「視線を感じて、目が合うとハッ!! てなったとき。」(10代女性)のように、目が合ったとき男性が照れる様子を見て好意を感じるようです。かわいくて直視できないと言われれば、女性も悪い気はしないでしょう。

  • 【4】「出身地が同じだね!」と共通点を見つけて話しかける。

    「共通点を一生懸命探してくる男性は、好意を持っていそう。」(20代女性)のように、男性が共通の話題を必死に探している姿に好意を感じるようです。ただし、共通点を見つけるために質問しすぎるとウザがられる恐れがあります。

  • 【5】「好きな男性のタイプは?」と聞いてみる。

    「好きなタイプは?って聞かれたとき。」(20代女性)のように、男性から好きなタイプを聞かれたときに好意を感じるようです。ただし、合コンや飲み会のような出会いの場以外で聞くと、ただの軽い男だと思われる恐れがあります。

  • 【6】「モテそうだよね。彼氏いるでしょ?」と彼氏の有無を確認する。

    「彼氏いそうだよねっていう人は、気がありそう。」(10代女性)のように、モテそうとか彼氏がいそうと言われたときに好意を感じる女性もいます。彼氏の有無を確認できるうえ、褒められた女性は好感を抱いてくれるかもしれません。

  • 【7】「目がキレイだよね。」など外見を褒める。

    「とにかく外見を褒めてくる印象があります。」(20代女性)のように、外見をひたすら褒められて、男性の好意に気づく人もいます。ただし、「褒めまくる人は下心がありそう。」(20代女性)という意見にもあるように、行き過ぎると下心があると思われてしまうようです。

  • 【8】「名刺とか持ってない?」と連絡先を聞く。

    「初対面で連絡先を聞いてくる人!」(20代女性)のように、連絡先を聞いてくる男性に対して一目惚れされたと感じるようです。いきなり連絡先を聞くと女性が引く恐れもあるので、最初は名刺をもらうくらいにとどめておきましょう。

  • 【9】別れ際に「今度、いつ会えるかな?」と聞く。

    「『また会える?』と聞かれたとき。」(10代女性)のように、別れ際にまた会えるかどうか聞かれたとき、男性の想いを確信するようです。OKされたときのために、具体的な日時やデートの内容を決めておくといいでしょう。

今回ご紹介した中に、使えそうなセリフはありましたか? また、この他にも「一目惚れしたことをそれとなく伝える一言」があればぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock