一目惚れしたことをそれとなく伝える一言9パターン


合コンや飲み会などで素敵な女性に遭遇したら、「一目惚れ」するのは自然な流れでしょう。時間を置かずにその場で上手に気持ちを伝えられたら、関係が一気に進展するかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに聞いたアンケート調査を参考に、「一目惚れしたことをそれとなく伝える一言」をご紹介します。

  • 【1】「やばい…なんか緊張してきた」とドキドキしていることを伝える

    「不自然なテンションで話しかけられると、一目惚れされた?と感じる」(20代女性)というように、男性のソワソワした様子を見て、一目惚れされたと感じる女性は多いようです。素直に緊張していることを伝えれば、「真面目な人なのかも」と好印象を抱いてもらえるかもしれません。

  • 【2】「じっと見ちゃってすみません…」と正直に見つめていたことを白状する

    「ガン見されると、気に入られたのかなと思う」(20代女性)というように、男性の強い視線から好意を感じ取る女性もいます。黙ってジロジロ見るだけだと不審がられるおそれがあるので「見ちゃってすみません」と白状したほうがいいでしょう。

  • 【3】「かわいくて直視できません」と冗談っぽく褒める

    「目が合うとハッ!ってなる人は、気にしてくれてるのかなと思います」(10代女性)というように、目が合ったとき男性が照れる様子を見て好意を感じるパターンです。かわいくて直視できないと言われれば、女性も悪い気はしないでしょう。

  • 【4】「出身地が同じだね!」と共通点を見つけて話しかける

    「共通点を一生懸命探してくる男性は、好意を持ってくれてそう」(20代女性)というように、一緒に盛り上がれそうな話題を必死になって探す様子から、特別な感情をくみ取るケースです。とはいえ、ふたりの共通項を見つけるために質問攻めにするとウザがられてしまうので、加減を考えましょう。

  • 【5】「好きな男性のタイプは?」と聞いてみる

    「好きなタイプは?って聞かれると、もしかして…?と思います(笑)」(20代女性)というように、好きなタイプを質問されて、真意に気づくパターンです。ただし、合コンや飲み会のような出会いの場以外で聞くと、軽い男だと思われてしまうので、空気は読んだほうがいいでしょう。

  • 【6】「モテそうだよね。彼氏いるでしょ?」と彼氏の有無を確認する

    「彼氏いそうだよねっていう人は、気がありそう」(10代女性)というように、彼氏の有無を探られて、アプローチを予感する人もいます。「いないよ、全然モテないし」などと返されたら、「そんなことないでしょ、すごくかわいいのに」と畳みかけて一気に距離を詰めたいところです。

  • 【7】「目がキレイだよね」などと外見を褒める

    「あからさまに外見を褒めてくる人は、それなりに何かありますよね(笑)」(10代女性)というように、外見をひたすら褒められて、気に入られたことを感じるケースです。ただし、行き過ぎると下心があるだけだと思われてしまうので気を付けましょう。

  • 【8】「名刺とか持ってない?」と連絡先を聞く

    「初対面で連絡先を聞いてくる人は、絶対何かを期待してるでしょ」(20代女性)というように、連絡先を聞いてくる男性には、はっきりと好意を感じ取る人が多いようです。いきなり連絡先を聞いて警戒されたくなければ、最初は名刺をもらうくらいにとどめておきましょう。

  • 【9】別れ際に「今度、いつ会えるかな?」と聞く

    「初対面の人に『また会える?』と聞かれたら、さすがに私に興味あるの?と思います」(10代女性)というように、別れ際にまた会えるかどうか聞かれて、好意を確信するパターンです。OKしてもらったら、具体的な日時やデートの行き先はその場で決めてしまいましょう。

このほかにも「一目惚れしたことをそれとなく伝える一言」があればぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock