一部の女性にはウケがいい「意外な身体的特徴」9パターン


自分のコンプレックスが他人にとっては逆に魅力…ということが稀にあるもの。それに気づけば、チャームポイントが増えるかもしれません。そこで今回は、女性へのアンケートを参考に「一部の女性にはウケがいい『意外な身体的特徴』」をご紹介します。

  • 【1】安心感がある「ぽっこりしたお腹」

    「包容力がある感じ。たるんだお腹を見ると安心します」(20代女性)など、メタボ体型は女性に安心感を与えることもあるようです。太めの人は大らかな印象があり、優しそうに見えるのだと考えられます。ただし、太り過ぎると不健康な印象が先立ってしまうので注意が必要です。

  • 【2】働く姿が想像できる「傷だらけの手」

    「少し汚れているくらいが『働いてる!』って感じでステキ」(20代女性)など、肉体労働が想像できる手にワイルドな魅力を感じる女性が多いようです。ただし、デスクワークの男性の手が汚れていても不潔なだけ。肉体労働の男性限定のケースだと言えるでしょう。

  • 【3】男らしさが強調される「濃いめのヒゲ」

    「剃りたてでも青々としてるような濃いヒゲが好き!」(20代女性)など、女性にはない「ヒゲ」に男性的な魅力を感じる女性は多いようです。ヒゲの処理に悩んでいる人は、いっそ伸ばしてみると魅力がアップするかもしれません。

  • 【4】中性的な雰囲気になる「ガリガリの体」

    「自分より細いくらいの男っぽくない人がいい!」(10代女性)というように、ガリガリの体型には中性的な魅力があるようです。ボクサーやランナーのように鍛え上げられた細さではなく、色白で筋肉もないような細さが少年っぽくて好まれるのだと考えられます。

  • 【5】フェロモンがにじみ出る「立派な胸毛」

    「外人みたいな胸毛はなんだかセクシー」(20代女性)というように、フサフサの胸毛にフェロモンを感じる女性もいるようです。女性にはないものなので、男らしさが強調されるのだと考えられます。胸毛がある人は、胸ボタンを大胆に開けてみてはどうでしょうか。

  • 【6】大人の渋みが感じられる「ハゲ」

    「知的な大人の男の象徴!」(30代女性)など、コンプレックスの代表格「ハゲ」もチャームポイントになるようです。特に「筋肉とハゲ」や「メガネとハゲ」、「派手目のオシャレとハゲ」の相性が、いわゆる「ちょいワル」イメージにつながり魅力がアップするようです。薄毛が気になり始めたら、イメチェンのチャンスかもしれません。

  • 【7】目線が近くて親近感がわく「チビ」

    「話すとき顔が近づくから嬉しい」(10代女性)など、ラブコール多数。特に小柄な女性は、「自分より少しだけ背が高い」男性に親近感を覚えるよう。小柄な男性は、クールにキメるより、親しみやすさをアピールしてみてはどうでしょうか。

  • 【8】個性的な顔立ちになる「一重・奥二重の目」

    「くっきり二重より、雰囲気があっていいと思う」(20代女性)など、エキゾチックな顔立ちを好む女性にウケがいいようです。正統派イケメンではないため、「自分だけのお気に入り」感が出て嬉しいのかもしれません。

  • 【9】不器用さが逆に魅力「深爪気味の指先」

    「痛々しいくらいの深爪は、不器用な感じがして胸キュン」(20代女性)など、爪もうまく整えられないような不器用さに、母性本能がくすぐられるよう。ただし、爪を切るたび、深爪であることを自慢した場合、面倒な男だと思われる恐れがあるのでご注意を。

ほかにも「意外にこんな特徴が好評」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock