視線を感じる

(1)誰かに見られていると察知すること。
(2)恋愛においては、異性の視線を感じると喜ぶ人もいれば、警戒する人もいる。

(備考)
・学校や職場でたびたび異性の視線を感じると、「もしかして自分に気があるのでは!」と期待してしまう人は多いでしょう。たとえ思い違いでも、視線をくれた相手に好意的に接するうちに、本当に恋が始まる場合もありそうです。
・ほとんどの女性は、見知らぬ男性の視線を感じると警戒心や不快感を抱くようです。よく行く店の女性従業員や、顔見知り程度の女性を好きになったら、紳士的な振る舞いを心がけたいものです。
・デート中にガムやタバコをポイ捨てしたり、レストランなどの店員に上から目線でものを言ったりすると、デート相手からだけではなく、周囲の人達からも冷たい視線を感じるハメになるでしょう。

1件中1〜1件を表示しています。