若気の至り

(1)未熟な人間が、若さゆえに取ってしまう無分別な行動。
(2)恋愛においては、経験の浅さから後先を考えず勢いに任せて行動してしまうこと。あとから思い返して後悔するような行いを指す。

(備考)
・若さゆえ、深く考えずに「好きになってしまう相手」には、男女ともに一定の法則があるようです。男性の場合は「笑顔が素敵な部活のマネージャー」や「入院中に優しくしてくれた看護師さん」、女性の場合は「白衣が似合う理科教師」や「学校にやってきた教育実習生」など、若気の至りでベタな相手に恋してしまうことは少なくありません。
・若気の至りでやってしまった「黒歴史」も、未熟なころの恋愛にはありがちなことです。モテたい一心で弾けもしないギターを背負って学校に行ったり、お酒を飲みすぎてつぶれてしまうなどの「恥ずかしい過去」を持つ男性も多いようです。女性に場合は、好きな人のSNS投稿をストーカーのようにチェックしたり、相手の名字になった自分を妄想するなど、若さゆえに先走ってしまった恋の失敗談が多く聞かれるようです。

3件中1〜3件を表示しています。