美味しくなかった

(1)料理の味が悪かったさま。
(2)恋愛においては、デートで食べたものや恋人の手料理などが、好みに合わなかったさま。

(備考)
・恋人の手料理が美味しくなかったら、「自分もこの料理は苦手」「人の家のキッチンだと作りづらいよね」などとフォローすると、相手を傷つけずに口に合わなかったことを伝えられるでしょう。
・彼女の手料理が美味しくなかったとしても、気を使って褒める男性は多いようです。褒め言葉のあとに「塩がもうちょっとほしい」「甘さ控えめのほうが自分は好き」などと言われたら、「美味しくなかった」が彼氏の本音かもしれません。
・デートで入ったお店の料理が美味しくなかったとき、料理にも目の前の恋人にも文句を言わずに楽しく会話ができるカップルは、交際が長続きしそうです。
・バレンタインデーにもらった手作りチョコレートが美味しくなかったら、たとえ「義理」でも、味の感想は避けて、ラッピングや相手の厚意に言及するべきかもしれません。

3件中1〜3件を表示しています。