相合傘

(1)2人で1本の傘を差すこと。
(2)男女で1本の傘に入ること。物理的・精神的に距離が縮まることが多い。

(備考)
・気になる男性と相合傘で歩くとき、女性が心をときめかせる瞬間には、「自分のほうに傘を傾けすぎて相手の肩がずぶ濡れになっているとき」、「折り畳み傘で体が密着しているとき」、「男性が恥ずかしそうにしているとき」などが挙げられます。物理的な距離が近いからこそ、相手の優しさや愛情を感じられるのかもしれません。
・相合傘のお願いの仕方によっては、男性にかわいいと思ってもらえるようです。「入れて!とはしゃいだ様子でさっと傘の下に入る」「男性の袖を引っ張りながらお願いする」、「当然のように自分の傘をしまい、相手の傘に入る」といった行動は、男性を萌えさせることがあるようです。
・あまり親しくない男性からでも、誘われ方次第では、相合傘をすんなりと受け入れられる場合があります。「自分の体調を心配してくれる」、「押しつけがましい感じがしない」など、男性からの気遣いを感じると、女性は相合傘への抵抗がなくなるようです。

9件中1〜9件を表示しています。

一緒に検索されるキーワード