ノーマーク

(1)特定の相手に注意を払わずにいること。
(2)恋愛においては、身近にいるある人物を異性として意識していないこと。

(備考)
・それまでノーマークだった異性から好意的な言葉を度々かけられたり、相手が自分のことを好きだという噂を人づてに聞いたりすると、恋愛対象として意識し始める人が多いようです。
・女性がノーマークだった職場の男性に胸キュンする瞬間としては、「上司のくどい小言をそつなく受け流すのを聞いたとき」「休憩時間が終わって仕事モードに切り替わる顔を見たとき」などが挙げられるようです。
・合コンでは、ノーマークだった異性が意外に聞き上手だと判明したり、気配りがスムーズだと感じたりすると、「この人が一番いいかも!」と一気に順位が変動することもあるようです。
・異性としてはノーマークだった男友達に親身に話を聞いてもらって、思わず好きになりそうになった女性もいます。

3件中1〜3件を表示しています。